バイセルテクノロジーズでは第二新卒や既卒の採用はある?社員の経歴や求められる人物像は?

株式会社ネオキャリアへの内定を
無料サポートしている
転職エージェントはこちら

簡単
30秒
無料で転職相談をする

まだ転職を決めていなくても利用できます

バイセルテクノロジーズ(株式会社バイセルテクノロジーズ)は2001年1月5日に設立された、東京都新宿区を拠点にリユース事業を展開する企業です。

事業スタートから約9年で約200億円強の業績を積み上げた急成長企業のバイセルテクノロジーズですが、現在の従業員数は850名、平均年齢は28歳と、フレッシュな若手社員が多く活躍しています。

リユース事業の中心は着物で、50代の女性をメインターゲットとした着物の出張買取サービス「BUYSELL」が主力サービスです。タレントの木村佳乃さんが出演するCMでご存知のかたもおられるのではないでしょうか。

当記事では、そんなバイセルテクノロジーズの企業情報や第二新卒者・既卒者の転職難易度についてご紹介していきます。

バイセルテクノロジーズの事業内容・リユース事業って?

バイセルテクノロジーズのことを知る前に、まずは、意外と知っているようで知らない「リユース事業」についてご説明します。

簡単に言うと、リユースとは、使わなくなった物を捨てずに、再利用して繰り返し使うことです。リユースを求める利用者は出張買取、宅配買取など、さまざまな見積もりフローを通して、事業者にいらなくなった物を買い取ってもらえます。

その後、リユース事業者は利用者から買い取った品物を検品、再販売することで、品物が必要な人に新たに商品を届けることで、利益を獲得します。

古くからある商売に思えますが、実はリユース業界の市場規模は 約 37 兆円と推計されており、巨大な市場となっているんですね。近年、叫ばれている「持続可能な社会」を体現できるリユース事業は社会問題も追い風となり、業界は成長の一途を辿っています。

バイセルテクノロジーズは、現在のような時代背景になる前から「着物」をメインの商材とした買取・販売の循環にいち早くから目をつけ、電話やインターネットを通じて日本全国の誰もが思いついた時にリユース(BUYSELL)にアクセスできる仕組みを作りました。「着物」というリユース事業界のブルーオーシャンに漕ぎ出したわけです。

また、近年では着物以外にも、より若い世代も巻き込んだブランド品の買取・販売を行ったり、手持ちのブランド品の査定が簡単にできる専用アプリのリリースもしています。

参考:ハイブランドのリユース品を取り扱うネットショップ「バイセルブランシェ(BUYSELL brandchée)」

手持ちのアイテムの写真を撮って気軽にキャッシュに変換できるリユースプラットフォーム「CASH」

バイセルテクノロジーズでは第二新卒や既卒の採用はある?社員の経歴や求められる人物像は?

バイセルテクノロジーズの中途採用情報をコーポレートサイトで確認すると、セールス、ロジスティクス、コーポレート、特例子会社での障がい者支援と幅広い部門で求人がありました。(2022年9月現在)

やはり目立つのは営業職で、セールスや買取の手続きなど、利用者と実際に会って会話をする機会が多いため、前職も営業職であったり接客の経験を持っているかたにぴったりです。

また、嬉しいことに「未経験、第二新卒の方も歓迎いたします」という記述もあるため、経験がなくとも営業職をやってみたい!という既卒者のキャリアスタートのきっかけにもなり得るのではないでしょうか。

次に、リユース事業ならではの、ブランド品、カメラ、骨董品、古美術品の査定を担うロジスティクス部門の求人もあり、希望する商材についてある程度の知識や経験を持つかた向けとなっています。

特に骨董品、古美術品のチームは新規立ち上げ後の増員となるそうです。古いものの価値に興味があるかた、スタートアップに関わりたいチャレンジ精神のあるかたは、ぜひエントリーを考えてみてはいかがでしょうか。

経営管理などは条件が違ってきますが、多くのポジションで接客の経験を活かせるバイセルテクノロジーズでは、前職がアパレルのショップ店員など多様な経歴を持つ中途採用の社員が活躍しています。職歴が薄い既卒者の場合にも、古着屋などのアルバイト経験のアピールは有効と言えるでしょう。

バイセルテクノロジーズの年収・福利厚生・転職難易度は?

バイセルテクノロジーズの気になる年収は、部門によってまちまちですが400万〜600万がボリュームゾーンで、類似企業の各職種から考えて平均的と言えます。しかし、営業系であればインセンティブがあるため、自身の頑張りが給与アップに繋がりやすく、マネーモチベーションが持てます。

福利厚生については、出社する用事がない場合はリモートワークが取り入れられるなど、柔軟な働き方ができそうです。

ただ、新規事業など忙しい環境のチームもあるため、希望するポジションでは入社後にどのようなライフスタイルになるかを、転職エージェントに前もって聞いてみたり、採用面接時に担当者に直接質問するのがおすすめです。

バイセルテクノロジーズの転職難易度は、低いとは言えませんが、未経験者でもエントリー資格があるポジションもあるためチャンスは充分にあります。

バイセルテクノロジーズに転職するにはこんな転職エージェントを選ぼう!

バイセルテクノロジーズへの転職を希望する場合は、個人の力だけではなく転職のプロの手で求職者をサポートしてもらえる「転職エージェント」を利用するのがベストな手段です。

なぜなら、求職者が個人で企業に直接応募するより、転職エージェントを利用することで、全く同じ人材でも面接までこぎつけやすくなり結果的に成功確率がアップするからです。

転職エージェントと一口に言ってもいろいろな種類がありますが、自身が希望する職種に特化した転職エージェントを利用することが一般的です。

具体的には、大手人材紹介サービス「doda」や、エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」でバイセルテクノロジーズの取り扱いが確認できました。上記のような大手の人材サービスは求人数が多く、類似企業との比較もしやすかったりと、さまざまなメリットがあります。

また、視点を変えてご自身の年齢で選ぶなら、第二新卒・既卒・フリーターに焦点をあてた転職・就職活動支援を積極的に行っている「リアステージ」への登録もおすすめできます。

こちらは、膨大な求人数で勝負する大手とは方向性が違い、まだ若く転職知識の浅い20代の求職者の立場を考えて、担当者が親身になって相談にのってくれるところが良い点です。

まとめ

バイセルテクノロジーズは現在も右肩上がりに急成長中で、SDGsの視点からもいっそうの拡大が見込まれる「これから」が期待できる企業です。

効率的に転職活動を行うためには、転職エージェントを複数ピックアップし登録して、担当者とのカウンセリングで気軽に相談してみることが先決です。

当記事であげた以外にも、ご自身の年代や職種にマッチする転職エージェントを見つけたら、ぜひ登録してみてくださいね!バイセルテクノロジーズに晴れて入社し、転職前より満足度の高い年収や環境をゲットすることを応援しています。