サイバーエージェントは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

サイバーエージェントは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

株式会社サイバーエージェントは、インターネット事業を広く行っている企業です。主要事業は、Ameba関連とインターネット広告の2つで、とくにAmebaのメディアサービスは、目にしたことのある人も多いでしょう。子会社には、スマートフォン向けソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」を展開するCygamesなど、ゲーム制作会社がたくさんあります。

設立は1998年で、歴史の長い会社とはいえないものの、インターネット関連事業ではいち早く頭角を現した企業の一つです。全体的な平均年収は790万円で、大企業クラスではありますが、そこまで高い印象はないかもしれません。しかし、社員の平均年齢は31歳ほどなので、若くして高収入を狙う人には良い環境といえるでしょう。

サイバーエージェントに入社したいと考える人のなかには、ゲームを愛する人も、SNSが好きな人も、ネット広告の部隊で活躍したいと願う人もいることでしょう。それは、新卒者であってもなくても変わりません。サイバーエージェントは、第二新卒や既卒からでもチャレンジできる会社なのでしょうか。評判や口コミを含めて、検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

サイバーエージェントは第二新卒・既卒の採用をしているか?

サイバーエージェントは、中途採用を行っている会社です。SEOコンサルタント職、Webデザイナー職、UIデザイナー職、スマートフォンアプリエンジニア職、インフラエンジニア職、アプリケーションエンジニア職などの中途採用求人が出ており、中にはAbemaTVのエンジニア職・番組制作職・動画制作編集職や、サイバーエージェントのアカウントプランナーなどの求人もあります。これらの求人は、経験者のみの採用がほとんどですが、営業経験があればネット業界未経験でも応募可能な求人もあります。中途採用の面接では、論理思考力やExcelスキルなど能力面のアピールも大切ですが、自己PRも重要になってきます。この際、「自分はサイバーエージェントの社風に合う志向性の人間です」ということをきちんとアピールできるようにしておきましょう。

サイバーエージェントの事業内容は?

サイバーエージェントが行っている事業は、「メディア」「インターネット広告」「ゲーム」「スタートアップ」の4つです。大手IT企業として知られており、メディアやインターネット・スマートフォンに関わるサービスを提供しています。メディアの主要サービスである「AbemaTV」「FRESH!」「Ameba」や、ゲームの主力タイトルとなっている「グランブルーファンタジー」「Shadowverse」「プリンセスコネクト!Re:Dive」など、実際に利用したことがある人も多いのではないでしょうか?スタートアップ(新規事業)では、インターネットに関連するさまざまな領域において、新たなサービスを創出し続けています。

サイバーエージェントに入社できたらどんな経験を積める?

サイバーエージェントに入社できれば、若手でも裁量を持って働ける雰囲気の中、自分の本当の力を試していくことができます。自分が親しんできたサイバーエージェント系のゲームやSNSの新たなサービスを手掛けることができるなんて、夢のような話ですよね。おのずと、モチベーションは高まるでしょう。

また、社員同士の仲がとりわけ良いことが評判となっていますので、毎日出社することが楽しみになるでしょう。それは働き手にとって1番大事なことかもしれません。

さらに、育休が取りやすいことも口コミに上がっています。育休の後は時短勤務を選ぶことも可能で、育休前と同様にやりがいのある仕事に従事できるとの噂です。男女問わず、チャンスが平等にやってくる理想的な会社といえるのではないでしょうか。

また、スタートアップ事業と言われる新規事業の立ち上げに従事することができれば、今までにない価値を創造していく仕事の豊かさを体感できます。スタートアップ事業には、2019年6月現在、クラウドファインディングサービス、小学生向けのプログラミングスクール、ドットマネー系などがあります。どれも日本のインターネットシーンを根こそぎ変えていきそうな事業ですね。

やりたいことに手を上げればどんどん取り組ませてもらえるため、将来はIT関連で起業したいと考えている人にも、最適な環境です。そんな野心のある人はぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サイバーエージェントの求人や評判は?

入社後、基本的にはやりたい業務を選択できるようで、大きな仕事を振り分けてもらえたという社員もいます。仕事を通してスキルアップが期待できますし、成果を出せばきちんと評価してもらえる環境があるようです。メディア、広告、ゲーム、どの分野でも安定して業績を伸ばしている会社なので、福利厚生なども整った環境で豊富な経験を積んでいけるようです。

第二新卒からサイバーエージェントを狙うなら?

第二新卒からサイバーエージェントを狙うなら、キャリア採用にチャレンジすることになります。サイバーエージェントのキャリア採用は、公式サイトで行われています。ただし、通年であらゆる職種を募集しているわけではなく、こまめな情報収集が必要になってきます。

今の仕事に忙しい第二新卒の身で、常に公式サイトをチェックする事はなかなか難しいですよね。そこで、転職エージェントを活用すれば、サイバーエージェントのキャリア採用情報をいち早く得ることができます。

また、公式サイトにアップされる中途採用枠は、第二新卒向けのものばかりではありません。かなり経験年数がないとチャレンジが難しいものも多々あります。転職エージェントに相談できれば、自分の今の実力でサイバーエージェントに入社できる可能性が高まります。

実際にサイバーエージェントに転職するためには、どんなプランを描いて、どんな転職エージェントを活用すれば良いのでしょうか。詳しく説明しましょう。

第二新卒からサイバーエージェントを狙うためのプラン

第二新卒からサイバーエージェントを狙うためのプランはたった1つです。それは、なるべく早く転職エージェントに登録してしまうことです。転職エージェントには、たくさんの非公開求人が集まります。公式サイトに掲載されていない求人の中には、今の自分の経験とスキルで十分挑戦できるものがあるかもしれません。

また、転職エージェントによっては、企業側に「こんな人材が眠っていますよ」とあなたを売り込んでくれるところもあります。それは、自力では絶対にできないことですよね。また、待遇など、自分では希望を言い出しづらいことであっても、交渉を買って出てくれます。

今の会社をいち早く抜け出し、ライバルを出し抜くためには、転職エージェントを利用するしかありません。どんな転職エージェントを選べばよいか、次項で説明します。

こんな転職エージェントを選ぼう

サイバーエージェントに第二新卒からチャレンジしたければ、選びたい転職エージェントは、職種によって違います。営業職であれば、大手2~3社に登録しましょう。技術職であれば、大手のほかにITエンジニアに特化した転職エージェントを加えて検討しましょう。

日系、若手、そして広告営業系の転職に強いのが、大手転職エージェントの特徴です。営業を志すなら、できれば大手2~3社に登録して手ごたえを見ることをおすすめします。それぞれ、転職への戦略やプラン、面接指導の手厚さなどが違うでしょう。比較して、自分と最も相性がよいと思われるところに決めましょう。

技術系であれば、大手とITエンジニア特化型、どちらの転職エージェントにも登録し、感触を見てみることをおすすめします。ITエンジニア特化型の強みは、専門分野についての理解があるため、理想の職種について手にとるようにわかってくれるところです。ただ、大手と違って特定の会社への転職に強い場合も多々ありますから、「どうしてもサイバーエージェントに」とこだわったときの反応を見てみるのがいいでしょう。

いずれにせよ、数社に登録して、最良のパートナーを選びましょう。採用されるかどうかは、転職エージェントの手腕によるといっても過言ではありません。