なんとなく転職したい…。から自分の理想の働き方を手に入れたまでの話【20代の転職成功体験談】

(最終更新日:2018/11/15)

なんとなく転職したい…。から自分の理想の働き方を手に入れたまでの話【20代の転職成功体験談】のイメージ

男性 /29歳(転職時)
転職活動期間:6ヶ月

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

転職を決意したのは、仕事を楽しみたいと思ったこと

転職前は、人間関係に悩んでいましたし、何より仕事が楽しいと思えない毎日でした。

給料も、高いとは言えない状況で、この先の業界の成長にも限界があることはわかっていましたので、何かやりたい仕事があれば、転職したいと転職サイトに登録しながら、良い求人を探すという日々を送っていました。

わたしは、スマートフォンで、ゲームアプリで遊ぶことが、好きで、ゲームを作る側になってみたいなと思うようになったのがきっかけです。

転職のためにはじめたのは、エージェントなどでの情報収集から

転職活動はなんとなくしておりましたが、ゲームを作ってみたいと強く思ってからは、まず、登録している転職サイトのキャリアコンサルタントに、ゲーム業界に行きたいので、情報か欲しいと頼みました。さらに、ゲーム業界大変さや、仕事内容や、給料などの待遇面について、キャリアコンサルタントに聞いたり、自分インターネットで調べるようになりました。

そこて、ゲーム業界の転職フェアが開催されるという情報にたどり着き、ファミキャリ転職フェアに参加するために書類を送りました。

大手の誰でも知っている企業ばかりの参加で、すごく魅力的だと思い、開催場所はかなり遠かったのですが、書類選考の結果、参加する権利が手に入り、参加しました。

活用したのは、ワークポート

ワークポートはキャリアコンサルタントの人が比較的業界に精通していまして、利用者に対してのサポートも充実しています。さらに、求人の数もたくさんありますので、使いやすい転職サイトです。

キャリアコンサルタントにゲーム業界に転職したいと考えているので、求人を紹介してほしいといえば、キャリアコンサルタントが、求人を紹介してくれますし、ゲーム業界の給料や仕事内容を聞くと、親身になって答えてくれました。

転職活動では、異業種でも前職での経験が役に立った

ゲーム業界に転職が成功できた理由としては、とにかく、ゲームを作るという仕事に関わりたいという気持ちが強かったことがまず1番だと思います。

ゲームのキャラクターやストーリーなどをみんなで考えて、一つのゲームを作り上げていくことがとにかくやってみたいという強い希望かありました。

前職では、業界は違いましたが、営業をやっていて、個人で売り上げを伸ばしていく個人営業の会社ではなく、チーム制として、チームの全員の力を合わせて、チームで売り上げを伸ばしていく、組織営業のスタイルであったことが功を奏し、みんなで成果を出すために大切な動きなどを、十分わかっていましたので、それが、面接の時に強みとなり活かすことができたと思います。

ゲーム業界で働いてみたら、やっぱり毎日がとても楽しかった

ゲーム業界に入れた感想ですが、ゲーム業界は労働時間が長く、急な不具合であったり、ゲーム内容の路線変更などが必要になった場合などは、さらに、残業や、徹夜になったりする場合もあります。

ですが、それが、みんなでやっていますので、団結することができますし、みなさんとの絆がすごく深まるなと思います。

打ち合わせの時間が長いという印象も受けます。もちろん、ゲームを作るには、一人では絶対にできませんので、打ち合わせの連続であることは当たり前ではありますが、いつも、同じメンバーと打ち合わせ、休憩、打ち合わせと繰り返ししていき、一つのゲームか完成して、メンバーと、達成感を共感するときの感動は、お金には代え難いものがあります。

これから理想の転職をしよう!と思っている方へのメッセージ

ゲーム業界は、ゲームが好きで、興味がある人であれば、やる気があれはやっていける業界だと思います。

人との出会いもたくさんありますので、魅力的な業界であることは間違いありません。

ゲームが完成したときの喜びはほかには代えられない喜びもありますので、ぜひ、ゲームか好きで、みんなで一つのゲームを作る喜びを味わいたいかたは、ゲーム業界に転職してみてはどうかと思います。

年齢はあまり関係ない業界でもありますので、誰にでもチャンスはあると思います。