第二新卒の転職活動がしんどい…。くじけずに乗り越えられる方法はある?

第二新卒の転職活動がしんどい…。くじけずに乗り越えられる方法はある?のイメージ

初めての転職活動。既に始めている方も、これから着手する方も、正直「しんどい」と考えている方は多いのではないでしょうか。安心してください、よっぽど運と実力に恵まれている方でない限り、転職活動に「しんどい」は付き物です。だけどそれを乗り越えなければ、転職が成功することはありません。

この記事では、転職活動における「しんどい」事例と、それを乗り越えるためのテクニックを伝授します。「しんどい」を克服して、明るい未来を手に入れましょう。

転職に必要なのは客観性です。

転職をする際に、一人だけで全部やろうとしていませんか?
転職エージェントは二人三脚で進めていくので、転職に詳しいもう1人の自分が性格や適正を踏まえて客観的な視点から判断してくれます。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。

フリーターから上場企業に内定も
無料相談で上場企業の内定が見える
転職サポートを見てみる

この記事のもくじ

どんなときにしんどくなるのか?

転職活動で壁にぶち当たる事例として、一般的に下記のようなことが挙げられます。就活時とは何が違うのでしょうか。

不採用通知の嵐

複数の求人に応募した以上、避けては通れないのが「不採用」の通知ラッシュです。それが力を入れて応募した企業であればあるほど、メンタル面に響くことになります。中には、不採用の通知すら来ないこともあります(通過した方のみ連絡します、というもの)。

そんなの就活で慣れっ子、という兵もいらっしゃるかもしれませんが、久しぶりに、それも連続で直面すると、「自分は社会不適合者なのではないか」「転職は不可能なのではないか」と自信を喪失しがちです。

理想の求人がない

一刻も早く転職したいのに、いざ求人検索してみたところで希望条件を満たす求人がない、いわゆる「求人待ち」の状態もしんどいです。その結果、条件を妥協して転職に踏み切るケースも…。理想をすべて満たす求人は存在しないとは頭では分かっていても、妥協に妥協を重ねなければ転職できないというのは辛いですよね。

お金がない

転職活動にはお金がかかるものです。応募書類に必要な写真の撮影・現像代に書類のプリントアウト。面接まで進むと今度は、面接地まで出向く電車代や身だしなみのケア(転活に必要なスーツや靴、バッグの新調、髪のカットなど)でも出費がかさみます。

特にしんどいのが、離職中の転職活動の費用です。当然収入はありません。失業保険を受給したとしても、その金額から国民年金や国民保険が差し引かれるので、手元に残るのは微々たる金額。ある程度の貯蓄がなければ、納得がいくまで転職活動を続けることは不可能です。

現職と転職活動の両立が難しい

在職中に転職活動をしている方の悩み所は、情報収集や応募書類の作成に割く時間がないことでしょう。今後の人生を左右する転職なのに準備時間が足りないというのは致命的です。また、書類審査を通過していざ面接となると、その時間も担保する必要があります。遅めの時間でもOKだったりWeb面接が可能な企業も増えてきていますが、そうでない場合は有休か半休を取得して面接に出向かなくてはなりません。

「転職活動をしている」と職場にバレる

現職に就きながら転職活動を行う際は、職場の誰にも気付かれないようにすることが社会人としてのマナーです。しかしながら、服装や行動など、普段とは違う挙動でバレてしまいがち。それで周囲から噂話をされたり、距離を置かれたりされるのはしんどいし面倒くさいですよね…。

転職活動がしんどいとき、どう対処すればいい?

転職活動のしんどさは前述の通りですが、それで転職を断念してしまったらいつまでも状況は変わりません。「しんどい」の克服法を、ケース別に提案します。

内定が採れないのが原因なら

内定が採れないのには、いくつか原因があります。不採用となった原因を分析し、教訓として次回に活かしましょう。また、不採用となっても、応募した企業があなたという人間を全否定しているわけではありません。ただ、その企業とはご縁がなかっただけです。むしろミスマッチが防げてラッキー、と開き直って正解です。自信を持って転職活動を続けましょう。

理想の求人がないのが原因なら

理想の求人がない場合は、条件にこだわりすぎ、あるいは、求人を探しきれてないのかもしれません。前者の場合は、視野を広げることで解決できます。例えば同じ事務職であっても業界にこだわらければ選択の幅が広がります。後者の場合は、転職エージェントに相談するのが最も早いです。非公開求人も多く抱えているので、意外とあっさり希望の求人が見つかるかもしれませんよ。

お金がないのが原因なら

転職活動に出費がかさんでお金がない、というのがしんどい原因であれば、切り詰められるところをとことんカットしましょう。1人暮らしなら実家に引っ越す、転職活動のアイテムにお金がかかるようなら借りられるものは友人から借りる、カットモデルをするなど、工夫次第でなんとかなります。理想は事前から転職活動用に貯蓄しておくことですが、現実はそうもいかないものです。友人との飲み会はリモートや家飲みなどに置き換えても良いですね。

在職中に転職活動する時間がないのが原因なら

ズバリ、時間はつくるものです。自分の生活を見直して、削減できそうな時間は徹底的に排除しましょう。そのほか、通勤などの隙間時間を利用してスマホで情報収集する、応募書類には転職サイトなどでダウンロードできる雛形を利用するなど、無駄な時間を省きながら効率的に進めましょう。

なお、お金に余裕がある方なら離職して転職活動をするというのもアリですが、ブランクは企業にマイナスな印象を与えるし、生活リズムが不規則になってしまうのであまりおすすめしません。

職場バレが怖いのが原因なら

どんなに仲が良いとしても職場内の人間に転職を匂わせる話は一切しない、職場ではいつもと変わらない服装や行動に徹するのが職場バレを回避する最大のポイントです。そうは言っても面接日などはスーツで職場に出社しなくてはならないことも。私服の会社であっても時にはスーツを着て出社するなどしておくと怪しまれません。

また、応募企業にあらかじめ事情を話せば、スーツを着用しなくてもOKということもあるので相談してみてください。

転職エージェントに頼ってみるのもおすすめ

転職活動には付き物のしんどさ。そのしんどさ、もしかして転職エージェントに頼ることで解消できるかもしれません。

転職エージェントのコンサルタントと二人三脚で転職活動を進めるため、転職活動で陥りがちの孤独感はありません。しかも相手は転職のプロ。数々の成功事例を背景に、的確なアドバイスをもらえます。「転職活動にかける時間がない」についても、コンサルタントが仕事探しから提出書類の添削、スケジュール管理まで行ってくれるので無問題。非公開求人も多数抱えているため、理想の仕事に出会える可能性も高くなります。

既に登録しているにも関わらず転職活動が難航しているのであれば、心機一転、違うエージェントに登録してみることもおすすめです。これまでとは違った視点からのアドバイスが、しんどさ解決の糸口になるかも?

しんどさを克服して、辛い転職活動にサヨナラしよう!

転職活動がしんどいのは当たり前。ならば、それを乗り切るためにどう行動するかが明暗の分かれ道です。まずはしんどさポイントを把握して、解消法を実行しましょう。どうしても行き詰ったら誰かに頼ってもOK。それは「逃げ」ではありませんよ!