28歳からの転職で失敗したくない!転職エージェントの賢い活用方法

(最終更新日:2020/4/22)

28歳からの転職で失敗したくない!転職エージェントの賢い活用方法のイメージ

突然ですが、「28歳転職限界説」というものをご存知でしょうか? これは言葉のとおり、28歳が転職のリミットであるという俗説です。その根拠は、28歳、つまり30代になる前に転職して、2年間で経験を積まなければ社会の戦力にはなりえない、というところにあるようです。

まるで28歳で転職に失敗したらお先真っ暗みたいですが、事実、28歳は崖っぷち。崖から落ちないためには、転職を成功させるしか打つ手はありません。善は急げ、28歳のうちに転職に失敗しないためのテクニックを会得しておきましょう。

転職に必要なのは客観性です。

転職をする際に、一人だけで全部やろうとしていませんか?
転職エージェントは二人三脚で進めていくので、転職に詳しいもう1人の自分が性格や適正を踏まえて客観的な視点から判断してくれます。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。

505名の体験談に基づく
転職エージェントおすすめ5選を見る

この記事のもくじ

28歳は転職にも人生にも悩む年齢

28歳は、男女関係なくさまざまなことに思い悩む時期だと思います。仕事だけでなく、今後の人生について真剣に考えたりするでしょう。未婚の方は結婚を、既婚の方は出産を考えるタイミングでもあります。これまで横並びだった友人たちもそれぞれの道へ…。

「みじめな中年にならないために、やっておくこと全部!」を記した『28歳からのリアル(著:人生戦略会議)」という書籍はベストセラーにもなりました。つまり、28歳のうち大半はこれからどうあるべきか生き方を模索しているということです。

しかし、実際には何をしたら良いのでしょうか。人は人、自分は自分なので、前にならえというわけにはいきません。ただ、ひとつ言えるとすれば、28歳が人生の分岐点と世間的に認識されていることでしょう。

28歳からの転職で失敗したくない!

28歳がさまざまな意味で人生における分岐点であることは前述のとおりですが、それは転職も然り。ただし、こと転職に関して言えば自分の心がけ次第で道を拓くことは可能です。下記に転職失敗を回避する方法を紹介します。思い立ったが吉日、すぐに実践してみてください。

長期的な視点で働き方、生き方をプランニングする

転職においては年収や労働環境が重視される傾向が強いですが、28歳からの転職ではそんな目先のメリットだけを優先して行動するのは考えものです。もう後はない、自分の将来は自分でつくる、くらいの覚悟で挑まなければ、残念な結果になるだけでしょう。

あらかじめ数年後の自分、数十年後の自分をシミュレーションして、ビジョンを明確にしておくことが重要です。

自己分析をする

就職活動はもちろん、転職活動においても「自己分析」は必須となります。方法は簡単、転職理由やこれまでの経験を紙に書き出すだけです。これをやることで、自分の強みや弱み、やりたい仕事や向いている仕事が見えてくるでしょう。

転職はしたいけれど、やりたい仕事、できる仕事が分からない…。そんな方にはとくに有効な手段であり、応募先企業を絞り込む時や書類の作成、面接時にも応用できます。

ポータブルスキルを磨く

ポータブルスキルとは、「業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能な能力」のことで、厚生労働省により提唱されています。「専門知識・専門技術(テクニカルスキル)」「仕事を円滑に進めるスキル」「コミュニケーションスキル」の3種類です。これらのスキルの有無が企業の採用基準にもなっています。

ポータブルスキルを磨くためには、過去の業務経験を棚卸しして、どのようなスキルなら汎用性があるのか、それをどう活用できるのかを客観的にチェックする必要があります。前述の自己分析も兼ねて、これまでの経験を棚卸ししてみてください。

また、専門知識や専門技術を身につけるために資格を取得するのも有効な手段です。スキルをセルフチェックできるサイトもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

在職中から転職活動を行う

退職してから本格的に転職活動を行う方もいらっしゃるかもしれませんが、おすすめしません。企業がブランク(離職期間)を良く思わないこともありますが、転職活動が長期戦になるにつれて、精神的・金銭的な焦りから不本意な転職につながりやすいからです。

在職中に職探しや求人への応募、面接までこなしておけばたとえ失敗しても次に活かすことができます。

28歳から未経験の職種への転職は危険?

ただでさえ難しい28歳からの転職。未経験の業界や職種に転職するのなら、なおさらのことです。ただし、30代や40代と比べれば可能性が高いと言えます。なぜなら、28歳を「ポテンシャル採用」する企業も多いからです。

本来、ポテンシャル採用の対象となるのは20代の第二新卒がメインですが、第二新卒ではキャリアとして弱い、教育の手間がかかります。一方で30代以降であれば扱いが難しくなってきます。その中間にあたる28歳に注目が集まっているわけなんです。28歳ならそれなりの社会人経験もあるので教育コストもかからないし、会社の色に染めやすい、というメリットもあるということですね。

とは言っても過信は禁物です。もしもライバルが年下で同等のスキルを持っているのであれば、企業は間違いなく年下を採用するでしょう。ライバルを蹴落とすためには、前述のポータブルスキルを磨くことがもっとも重要です。

転職エージェントの賢い活用方法

28歳はこれまでのキャリアと今後の可能性から、転職エージェントからのニーズも高いと言われています。ただし、とくに目立った実績がないと登録したところで華麗にスルーされてしまうことも少なくありません。その場合は、20代に特化した転職エージェントに登録することをおすすめします。登録者は20代前半が多いので、28歳という年齢と経験値が逆にプラスに運ぶこともあります。

また、1社だけではなく複数登録することをおすすめします。エージェントでは専任のコンサルタントがサポートしてくれますが、人によって相性もありますし、複数登録することでさまざまな人の意見を聞くことができるので、自己分析にも役立つでしょう。

ズバリ、28歳は転職適齢期!

結論から言うと、28歳は確かに転職が難しい年頃です。では、いつが転職のベストタイミングなのでしょう? 一般的には若いほど良いとされます。そう考えれば、若さと社会人経験、仕事のポテンシャルを備えた28歳こそ転職適齢期なんです! 

売れ残りにならないためにも、28歳の今こそ転職活動に腰を入れてください。30代になった時に、あの時決断して良かったと思えることを心からお祈りしています。