28歳の平均年収は?キャリアアップや年収アップを真剣に考える年齢

28歳の平均年収は?キャリアアップや年収アップを真剣に考える年齢のイメージ

30歳を目前にした28歳。男女ともに、会社での昇進や昇格、結婚や出産など、さまざまなライフイベントが発生しやすく、人生の分岐点とも言える時期でしょう。その一環として、この時期に転職を考える方も多いようです。

転職を検討するためには、まずはその「指標」的なものを知ることが重要です。この記事では、転職においてもっとも分かりやすい指標となる「年収」をクローズアップ。併せて、28歳の転職ポイントなども解説します。

転職に必要なのは客観性です。

転職をする際に、一人だけで全部やろうとしていませんか?
転職エージェントは二人三脚で進めていくので、転職に詳しいもう1人の自分が性格や適正を踏まえて客観的な視点から判断してくれます。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。

505名の体験談に基づく
転職エージェントおすすめ5選を見る

この記事のもくじ

28歳の平均年収は?

国税庁が発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査」によると、25~29歳の平均年収は男性で404万円、女性で370万円となっています。これは税金や保険が差し引かれる前の金額でありボーナス等も含まれるため、実質の平均手取りはボーナスの有無に関わらず男性で年に300万円程度ということになります。

ただし、この金額はあくまでも平均的な数値であり、企業の規模の大きさや勤務形態、働くエリアによっても大きく異なります。

なお、婚活市場において、独身女性が男性に求める年収は600万円~と言われています。この金額の根拠は、女性が専業主婦でもやっていける年収とのことですが、業種別に見てみると、すべての年齢層で見た場合、年収600万円以上は電気・ガス・熱供給・水道業→金融業・保険業→情報通信業(高→低の順)のみ。日本は年功序列で給与がアップするので、まだまだ若手の28歳ならばどんなに高い給与水準でもこれより低い金額になります。

28歳からの年収アップ目的の転職は、やりたいこと、やれることだけではなく、業種にもこだわらなくてはいけないということが分かります。

28歳は転職のターニングポイント

28歳は、新卒入社であればそろそろ係長などの役職に就いていてもおかしくない年齢です。結婚して子どもがいる方だって珍しくはありません。このまま現職でキャリアを積むか、将来のためにも転職するか…とても悩ましいところです。

一方で、転職市場においては、28歳が最後のチャンスだと言われています。これは、20代と30代では事情が変わるため。一般的に30代の転職となると、即戦力が求められます。

厳しいことを言いますが、スキルがない場合は箸にも棒にもかかりません。かろうじて20代であれば、キャリアとポテンシャルが認められ転職成功、というケースも多々あります。たとえ未経験であっても、ギリギリセーフ、というのが企業の見解です。

今後転職を考えているのであれば、「いつでもできる」なんて悠長なことを考えず、まだ若さもあり、可能性も大きい20代のうちの転職を目指すべきです。今動かなければ、悩んでいるうちにあっという間に30代になって、手遅れ、という事態にもなりかねません。

28歳から転職をするときのポイント

厚生労働省が発表する「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると、25~29歳の男性が前職を辞めた理由で多かったのが以下の3つだったそうです。

  1. 給料等収入が少なかった
  2. 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
  3. 会社の将来が不安だった

一方で女性の場合は、以下の3つが上位の理由となっています。

  1. 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
  2. 給料等収入が少なかった
  3. 職場の人間関係が好ましくなかった

性別関係なく共通するのが収入や労働条件ということは、転職によりそれが改善できたら良いのでしょうか? 実はそんな単純な問題ではないようです。では、28歳が転職を成功させる秘訣について紹介しましょう。

年収アップだけでなくキャリアアップを考える

もちろん年収アップも大きな転職理由にはなりますが、28歳が最後の転職と考えるのなら併せてキャリアアップも実現させなくてはなりません。たとえ年収がアップしてもキャリアを活かす・伸ばすことができない職場であれば、また不満を抱えることは目に見えています。

自分の将来を考えた上で、どんなキャリアが役に立つか、どんな経験を積むことができるか、十分にリサーチして転職に挑みましょう。

年収が下がるリスクも考えておく

28歳が未経験や異業種の仕事に転職するラストチャンスだと言われているのは前述のとおりです。それまでのキャリアも関係ない世界でゼロからのスタートとなるため、当然年収が下がる可能性もあります。

そんなリスクに遭遇しても動揺しないためには、転職する前にある程度、転職後の姿をシミュレーションしておき、対策を練っておくことが重要です。在職中に貯金をしておくのも良いですし、時間に余裕がある方は副業を探すのも良いでしょう。

20代向けの転職エージェントを利用する

転職を決心した時にまずお世話になるのがインターネット上の転職サイトではないでしょうか。ですが、ただ登録して求人を閲覧しているだけでは、まだまだ転職初心者レベルの域でしかありません。そこから一歩踏み出して、転職エージェントの力を借りることが転職成功の近道です。

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、自力で転職活動をするのか、二人三脚で転職活動をするのか、ということ。転職サイトは「自力で」求人を探し出し、応募しなくてはなりません。もちろん世に公開されている情報なので、求人の倍率も高くなる=採用率は低くなります。

転職エージェントは専属のコンサルタントが希望に近い条件の求人を非公開求人含め紹介してくれる上に、面接対策などの転職サポートも行ってくれるので、理想の転職が現実になりやすいメリットがあります。

28歳であれば転職エージェントで紹介してくれる求人も十分にありますが、20代向けや、希望する業界や職種に強いエージェントをピンポイントで攻めれば、より確実で効率的な転職を実現させることができるでしょう。

28歳の転職は、人生の分岐点としてとらえるべし

現状への不満や年収アップなどを目的に転職を検討する方が多いですが、28歳は立派な大人ですし自分の将来を長い目で見なくてはいけません。そう、思いつきで転職できる年齢ではないのです。

28歳は転職のラストチャンス」この言葉を肝に銘じ、人生の分岐点として慎重に転職先を検討するようにしてください。今の決断が、自分、そして会社や家族の明るい未来を握っているのかもしれないのですから。