エヌリンクスって良い会社?第二新卒や既卒の求人はある?20代向けまとめ

エヌリンクスって良い会社?第二新卒や既卒の求人はある?20代向けまとめのイメージ

メディア運営・営業代行の領域で事業を展開しているエヌリンクス。「ウェブ」と「リアル」を掛け合わせたサービスを多角的に提供しているベンチャー企業です。今回は、エヌリンクスの事業内容や働きやすさについてご紹介していきます。入社時に求められるスキルは?第二新卒・既卒は入社できるの?といった疑問も解消していきましょう!

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

エヌリンクスはどんな会社?

株式会社エヌリンクスは、2010年に創業したベンチャー企業です。営業アウトソーシング事業、メディア運営事業、不動産仲介店舗運営、求人広告事業、コールセンター事業、バーチャルYoutuberなどの事業を展開しています。不動産市場では、チャットでお部屋探しをサポートする「イエプラ」や、一都三県すべてのお部屋を探せる「家AGENT」の運営、オウンドメディア「ROOCH」の運営などを行い、ゲーム市場ではゲームの攻略情報を発信するサイト「アルテマ」をスタートさせています。

さらに、営業アウトソーシング事業で行っているのは、「NHKの放送受信料のご案内」などの営業活動。エヌリンクスに入社後は、全員がこの営業職からのスタートとなります。なぜならエヌリンクスでは「営業力」が社会人として大切なスキルだと考えられているから。まずは営業力を身につけ、その後さまざまな事業に配属されます。

こういった人材採用や育成に力を入れていることが認められ、2011年には「企業人材力100」にも選ばれています。さらに2018年4月には東証JASDAQに上場。社会人としての成長を実感できる場所で働きたい人にはぴったりの環境です。

Webだけじゃない、リアルも絡むのがエヌリンクスの魅力

エヌリンクスでは、Webサービスと、リアルでのサービスを掛け合わせた新しい事業を次々と展開しています。

例えばチャット不動産の「イエプラ」。これまでの部屋探しは、不動産屋の空いている時間に、実際に店舗に足を運ばなければできませんでしたが、「イエプラ」はその不便をWebとリアルの力で解消してくれます。

理想の家探しを叶えてくれる「イエプラ」のサービスでは、家探しのプロ(コンシェルジュ)とオンラインチャットでやりとりし、お部屋を紹介してもらえます。相談は深夜0時までできますし、希望条件の入力からわずか60秒で条件にあう物件を紹介してくれます。Webの力で、自宅でも、電車の中でも、好きな時間に納得の家探しができるサービスなのです。
さらに物件見学は、チャット予約が可能。Webで探して、リアルで見学をする。効率的にお気に入りのお部屋と出会えるのが「イエプラ」のサービスです。

このように、Webとリアルを駆使した今までにない新しいサービスや文化を提供しているのがエヌリンクスの魅力と言えます。

エヌリンクスの社風や評判はどんな感じ?

気になるエヌリンクスの社風や評判を見ていきましょう。実際にエヌリンクスで働いていた人たちの口コミなどから情報をまとめてみます。

エヌリンクスのポジティブな口コミ

  • 社内公募制度があるため、やる気があれば新規事業にも携われると思うが、まずは必死になって営業力をつける必要がある。営業商材としてはとてもやりやすいと感じる。
  • 頑張れば頑張った分だけきちんと評価してもらえます。勤続年数や年齢に関係なくちゃんと見てもらえていると感じます。真面目に頑張っていくことで、自分の成長も感じることができます。
  • サークルのような仲のいい社風です。若い人が多いので男女関係なく仲がいいです。先輩も優しいので、わからないことも丁寧に教えてもらえます。
  • 給料も昇級も、成果主義で決まり、営業成績がいい人が上がっていきます。月8回の休みは自己申告制ですが、こちらも成績がいい人が優先で休む日が決まります。
  • 会社の成長率がすごいと思う。新規事業数も従業員数も年々上昇しているし、商材としても安定感があるため、将来性に関しても心配ないのでは。

エヌリンクスのネガティブな口コミ

  • プライベートの時間はほとんど確保できない。休みの日でも仕事の電話がかかってくることがある。
  • ノルマが達成できればやりがいを感じるが、達成できないとどんなに頑張っても給料は変わらない。
  • 公共の仕事ではあるものの、全ての人に喜んでもらえる仕事ではないため、プライドを持って仕事ができないと辛い。

エヌリンクスで活躍できるのは、成長したい・目標達成のために自ら考えて行動していきたいと考える人のようです。目標が高く設定されていると感じる人もいるようですが、頑張りはしっかりと評価されるようです。さらに営業力を磨けば、新規事業の提案など自分の思い描く未来へのチャンスが広がっていくという声も聞かれました。

一方、与えられたことだけをやりたい人、自分自身で工夫しながらものごとをやり遂げるのが苦手な人には不向きな会社かもしれません。教育プログラムも充実していますから、ビジネスパーソンとしての基礎力をしっかりと身につけて成長したいと考える人はぜひ検討してみてください。

第二新卒はエヌリンクスの求人はある?

エヌリンクスの採用についてもチェックしてみましょう。エヌリンクスでは、35歳以下の応募者全員と面接をしているようです。つまり第二新卒の人は、エントリーをすれば必ず面接をしてもらえるということです。さらにスピード選考という点も、エヌリンクスの特徴といえるでしょう。応募から内定が出るまで、1週間というケースもあるようです。35歳以下であれば、第二新卒でも既卒でも、面接1回で内定が出るようです。

エヌリンクスに採用されそうなスキルや能力

エヌリンクスで活躍できる人には、どんな能力やスキルが必要とされるのでしょうか?エヌリンクスが求める人物像について詳しく見ていきましょう。

変化することを恐れない人

新しいサービスを展開し続け、着実に成長をしてきたエヌリンクス。そこには多くの失敗もあったようですが「変わり続けること」をやめなかったからこそ、成長し続けることができたようです。変化することは勇気のいることでもありますが、未知の世界に飛び込み、変化を楽しめる人はエヌリンクスで活躍できるかもしれません。

素直な人

人が成長できる要素にはさまざまなものがありますが、エヌリンクスが大切にしているのは「素直である」こと。起こったことを素直に受け入れたり、先輩の言葉に素直に耳を傾けたり、困った時は素直に誰かを頼ったり。そういった素直さが成長を促してくれるでしょう。素直に生きることができている人は、さらに成長できる環境が整っているのではないでしょうか。

根性がある人

「根性」がある人もエヌリンクスで活躍することができるでしょう。新しいアイデアや行動力ももちろん大切ですが、ものごとを成功させるためには、粘り強く戦い続けなければいけません。思い通りにいかないことがあっても諦めずに、頑張り続ける姿勢を持っている人は大きく成長できるでしょう。

成長意欲がある人

成長したい、もっと〇〇ができるようになりたい、という向上心がある人もエヌリンクスで求められる人材です。エヌリンクスでは、「成長したい、変化したい」と考えている人を積極的にサポートしています。新しい環境でビジネスパーソンとしての成長を掴みたい人はぜひ入社を検討してみてください。

まとめ

Web×リアルを軸としたベンチャー企業のエヌリンクス。これまでにない新しいサービスを次々と誕生させ、2018年には東京証券取引所、JASDAQスタンダード市場への上場も果たしています。

そんなエヌリンクスが大切にしているのは採用と人材育成。「成長したい、変わりたい」という気持ちをサポートするため、個人の成長にあった教育プログラムやチームでの目標設定などが用意されています。エヌリンクスであれば、第二新卒・既卒からビジネスパーソンとしての基礎力をしっかりと身につけ、成長していくことができるでしょう。