ニートが転職を成功させるために必ず頼るべきエージェント4選

(最終更新日:2020/10/8)

ニートが転職を成功させるために必ず頼るべきエージェント4選のイメージ

「ニート」と言うと、あまりいい印象を持たれない…。できるのならニートから抜け出したいけど、どうしたらちゃんと働けるのか分からない…。そんな時にこそ頼れるのが転職エージェントです。

もちろん条件はありますが、エージェントによってはたくさんお仕事を提案してくれたり、反対に、期待していたより多くなかったりします。エージェントとの相性もあるので、自分に合っているところを選ぶのが大事です。

そこでこの記事では、「ニート卒業」を可能にする転職エージェントの選び方、脱ニートのための方法についてご紹介します。ニートを早く卒業するには、独力にこだわらず、エージェントを頼りましょう。

転職成功者は
平均4.2社のエージェントを利用

転職時に登録したエージェント数は全体で平均2.1社なので、平均より2社程多く積極的にエージェントを利用した人が転職に成功しています。

複数の転職エージェントを併用することで、自分に合っているアドバイザーや希望条件の求人を見つけることができるようです。
無料相談だけでも、転職成功へと近づきます。

505名の体験談に基づく
転職エージェントおすすめ5選を見る

この記事のもくじ

そもそもニートとは?

ニートとは、イギリスで生まれた言葉です。「Not in Education, Employment or Training」を略して「NEET」と呼んでいます。

もともとは(イギリスでは)、「16〜18歳の教育機関に所属せず就業もしていない若者」を指す言葉です。日本でのニートの使い方は少し違っていて、厚生労働省は「18〜34歳未満の若年無就業者」と定義しています。厳密には、「就業しておらず、かつ家事・通学もしていない層」が厚生労働省の定義するニートです。

一般的にニートというと、引きこもりや親に依存して働いていない方のイメージがあります。もちろん、本人に働く気があっても、履歴書を見たら一目瞭然。どんな学歴があったとしても、採用担当者からは「この人は働く気がない」「働くことに向かない」「すぐ病めてしまうのでは」「人間性に問題があるのでは?」と思われてしまう可能性も否めません。

だけどニート向けの就職支援サービスやなどもあるのです。「自分は無理だ」と考えて後ろ向きになってしまう前に、手を借りる感覚でニートに優しい転職エージェントを探してみるのも良いでしょう。ニートだってひとりではありません。あなたのやる気を評価してくれる企業も必ずあります。

脱ニート!転職を成功させるにはコツがある

働きたいけれど、何から動き出していいのか分からない。もし受かったとして、そこの職場環境は? これまで無職だったりアルバイトだったりしていた方なら、不安を持つことは当たり前です。できれば事前に情報をもらえた方が安心して働けるに決まっています。

そこで頼れるのが転職エージェント。登録も無料なので気軽に相談可能です。転職エージェントは各業界の情報や案件を多数持っているので、ひとりで悶々と悩むより、頼れる転職のプロに相談してみてください。

ニートの転職を得意とするエージェント4選

では、実際にニート脱出に頼れるエージェントを厳選してご紹介します。

自分だけの仕事がみつかる「ハタラクティブ」

未経験からの正社員就職を支援してくれるハタラクティブ。ハタラクティブの大きな特徴は、各企業に対し、独自取材を行っていること。取材をすることで得た会社の雰囲気や社風などのリアルな中の情報を持っているので、自分に合った職場や職種を選ぶときに役立ってくれるはず。

また、経歴よりも人柄を重視する企業案件が多い転職エージェントなので、未経験の方も、経歴になんとなく不安があるという方もまずは気軽に相談してみましょう。

ハタラクティブ

未経験から正社員を目指すなら「キャリアスタート」

フリーターや既卒、第二新卒、未経験者の正社員化を推進しているのがキャリアスタートです。未経験からスキルを身につけられる案件を揃えているのが大きな特徴。

「ニートから卒業したいけど、未経験だし…」と不安を抱えている方は多いことでしょう。キャリアスタートは未経験者の就職支援をしてくれるエージェントなので、思い切って相談してみましょう。悩んでいても経験値が増えるわけではないの、未経験者の就職に強いエージェントに頼ることをおすすめします。

転居サポートサービスなどもあるので、新しい土地で新しい生活を始めたい方にもおすすめです。

20代職務経験なしの就職に強い「第二新卒エージェントneo」

株式会社ネオキャリアが運営する「第二新卒エージェントneo」は、20代で職務経験なし、という方の就職・転職に強いエージェントです。18〜28歳までの就職・転職支援実績は約22,500人、職務経験なしの就職・転職実績は10,000人を超えています(2020年1月時点)

「就活の経験がないから面接に不安…」という方も安心してください。エージェントが面接のアドバイスと模擬面接をしてくれるので、事前にしっかり準備ができます。模擬面接でも緊張するものなので、慣れておくことで本番の緊張も和らぐでしょう。

登録料や相談料は無料なので、まずは相談してみましょう。

第二新卒エージェントneo

20代の転職を専門にする「マイナビジョブ20’s」

大手の転職サイト「マイナビ」が運営する20代向けの転職エージェントサービスです。20代の転職を熟知した専門のエージェントがフルサポートしてくれます。

「マイナビ」という大手が持つノウハウや情報網を活用できるのは、非常に大きな強みです。しかも、未経験でも相談に乗ってくれるので、まさにニートから卒業したい方におすすめのエージェント!

「今すぐ行動するのは尻込みする…」とう方は、登録だけでも済ませて、少しでもニート脱出の準備を進めておきましょう。

マイナビジョブ20

ニートの就職、転職にエージェントを活用すべき理由

ニートが就職・転職する上でエージェントを利用するメリットは何なのでしょうか。いくつか挙げてみます。

無料とは思えないほどのサポートの手厚さ

ニートや無職であれば、概して懐が潤っている、ということはないでしょう。実は就職・転職活動にかかる出費は莫大。履歴書も購入しなければならないし、面接に行く交通費、面接用のスーツや靴も必要です。

エージェントであれば赴くのは一度きり。さらに近年では電話で面談可能なエージェントもあります。無料でマナー研修や履歴書の指導なども行ってくれるため、効率的かつ確実、お金をかけずに就職・転職活動ができるのです。

また、エージェントは紹介企業の詳細な情報を持っているため企業と自分とのミスマッチも少なく、長く続けられる職場を見つけられるのもポイントです。もちろん就職・転職後のフォローもしっかりしてくれます。

職歴なしだって歓迎!

ニートを長く続けていると、履歴書に書く職歴がなく、ブランクがあることに引け目を感じ、魅力的な仕事を見つけても「自分では無理だろう」と諦めてしまいがちです。ただ、ニートに特化したエージェントであれば、職歴なしでも問題なし、ということが多いので気軽に相談してみましょう。

おすすめは、複数のエージェントやサービスの併用

もっともおすすめなのは、複数のエージェントや転職サービスを併用することです。情報量が多いと、はじめは混乱してしまうかもしれませんが、そこのエージェントにしかない案件があったり、非公開案件もあるので登録しておいて損はありません。

しかも登録するだけなら無料! エージェントによっては、最短2週間で社会人になることだって可能です。

今だからこそ、脱ニートをすべき理由

企業的には、働く年齢が若い方が長く働けると思うものですし、仕事の飲み込みの速さを期待して採用したいと思うものです。

今、就職や転職を考えているニート状態にあるのならば、「今すぐ」行動することが重要。ひとりでうだうだと考えていても時間の無駄になるだけです。まず行動しなければ何も始まりません。

一度ニートから脱出してしまえば生活リズムも整うし、もしまたニートになったとしても、ニート時代の教訓を活かして就職・転職活動を行えるはずです。大事なことなので繰り返しますが、「今すぐ!」行動してみてください。

ニートの不安解消、それは最初の一歩を踏み出すことから!

年齢を重ねるにつれて親にも頼ることが難しくなってきます。また、ニートであれば年金など老後の心配もあります。毎日どうしよう、と悩むよりも、手っ取り早く社会復帰をすることが得策です。

会社に毎日行くことが苦痛、人間関係が怖い、というのであったら、週2日程度から働ける職場を探すこともできますし、工場系の仕事であればあまり人と関わることもありません。仕事の選び方は多種多様。ニートにぴったりな働き方や向いている職場もあるので、ぜひエージェントを利用して自分に適した働き方や職場を探してみてください。