転職で後悔したくない…仕事を辞めたくなる6個のケースから考える転職の判断

転職で後悔したくない…仕事を辞めたくなる6個のケースから考える転職の判断のイメージ

仕事を辞めたい、転職したい。誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。でもそこで踏みとどまるか、転職するのかはその人次第です。

ただし、転職するのなら、転職して後悔するケースもあることを念頭に入れておきましょう。すべての転職がハッピーな結果になるとは限りません。現職に踏みとどまった方が良い場合もあります。

この記事では、転職するか否か? その見極めについて掘り下げます。

転職に必要なのは客観性です。

転職をする際に、一人だけで全部やろうとしていませんか?
それも間違いではありませんが、一人だけの転職活動だと「客観性」が無い事がネックとなってきます。
転職エージェントを利用すれば、あなたの適正を客観的な視点から判断してくれるので、応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。

簡単
30秒
無料相談する

この記事のもくじ

その転職したい気持ち、本当に後悔しませんか?

転職したい、と考えるきっかけは人それぞれです。よくある「仕事を辞めたい理由」とその解決法を下記にご紹介します。

人間関係が原因で仕事をやめたい時

同僚や上司とうまが合わない。パワハラやセクハラで悩んでいる。そんな時は、現職から離れて新天地で働きたい、と思うのももっともです。

転職で改善できた人もたくさんいます。でも、転職してもまた人間関係に悩むかもしれません。自分から歩み寄れることはないか、一度考えてみることも必要です。

人間関係を良くしようと努力をしても、パワハラ体質の職場だと改善が難しいでしょう。改善の見込みのない職場なら、我慢せずに転職をした方がいいかもしれませんね。

給与や報酬が原因で転職したい時

今よりもっと待遇が良い会社があるのではないか? それも転職を考える理由のひとつでしょう。

求人を見ると、同じ職種でも待遇面で大きく差があることに気付きます。けれど、ちょっと待ってください。求人に記載されている待遇は、「マックス値」であることも多いのです。いざ転職してみたら、新卒レベルの待遇だった、ということもざらにあります。

それなら現職に残留してみても良いかもしれません。正社員であれば年功序列で給与も上がっていくだろうし、いずれは満足の行く待遇を受けられる可能性があります。

仕事内容が満足できず転職したい時

「○○がやりたかったのに、実際は……」というジレンマを抱えて転職を検討する人も多いものです。だけど転職先でも自分のやりたい仕事ができるとは限りません。

そもそも実務経験がないのであれば、中途採用の書類審査にも通過しません。まずは自分のやりたい仕事について勉強したり、スクールなどに通ってスキルアップを目指しましょう。

労働時間が辛くて仕事をやめたい時

残業を強いられる、残業しなくては仕事が追いつかない。プライベートの時間も確保できず、休日は寝るだけ。そんな場合も転職を検討すると思います。

近年では過度な労働時間で自ら命を落とすケースも増えています。そんな時は、迷わず転職して構いません。ただし、転職先の労働条件だけはしっかりと確認してくださいね。

社風や評価が納得できず転職したい時

社長のワンマン経営でお気に入りの社員から出世する、年功序列で評価されるなど、頑張っても評価されない会社だと転職したいと思うものです。これも自分の努力では改善しづらいので、見切りをつけて転職するのもよいでしょう。

同じような体質の会社に転職して失敗しないように、転職を検討している企業の社風や社長メッセージなど、ホームページで確認しておきましょう。

ただただ働きたくなくて仕事をやめたい時

ただただ働きたくない、という人もいらっしゃると思います。甘えではなく、「働くのに疲れた…」と感じているなら、スッパリ退職して、有休休暇や失業保険を利用して、のんびりするのもアリです。

社会人になると長めの休暇を取ることは困難ですから、転職を良い機会として旅行に行ったり、会いたい人に会ってみたり、寝つくしたりすることも良いのではないでしょうか? 自分の生活や今後の人生を見つめ直す時間を作るのも大事です。

意外とダラダラする生活にも飽きがきますが、英気は養えることでしょう。転職活動はそれからでも問題ありません。ただし、ダラダラ癖がついてしまうとニート一直線にもなりかねないので、求人情報は常にチェックするようにしておきましょう。

こんな人は転職したいときもこらえた方が良い場合も

転職したい、と考えていても、転職を我慢した方が良い人も存在します。転職後に後悔してまた転職を検討することがないよう、現職に踏みとどまる勇気も必要です。

仕事のイメージができていない人

たとえば、「語学を活かしたい」「海外出張がしたい」など、自分のやりたい仕事が優先で、実際の仕事のイメージができていない人は転職には向いていません。転職市場では、自分のやりたいことではなく「できること(スキル)」が優先されます。こうした人であれば、まずは現職でスキルを磨くことがベストです。

現職での勤務期間が3年未満の人

3年未満で退職してしまう人をあまり良い目で見ない。そういう採用担当者もいます。短期間での転職は、「採用しても、またすぐ退職するのではないか」と危惧されがちです。もちろんスキルによっては採用されることもありますが、採用率が下がる可能性があることを頭に入れておきましょう。

転職したい企業の軸が定まっていない人

「今よりも大手で仕事がしたい」「お給料をアップさせたい」など、転職したい理由が漠然としている人は、転職を考え直した方が無難です。具体的に「この企業だから働きたい!」という軸がなければ、採用担当者からすぐに見抜かれてしまいます。

まずは、自分がどこの企業でどんな仕事をして将来どんな風になりたいか。そして企業にどんな形で貢献できるのか。それが明確でないうちは、転職すべきではありません。

やっぱり転職したい!まずは何からはじめたら?

それでもやっぱり転職したい、そう思うのなら、いきなり仕事を辞めてしまうのではなく、在職中に転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは面接日程のスケジュール管理もしてくれますし、転職エージェントだからこそ知りえる転職先のリアルな情報も持っています。また、面倒な履歴書や職務経歴書の作成、面接についても対策してくれますよ。

市場に出ている求人は星の数ほどありますが、転職エージェントにしか流通しない「非公開」の求人もたくさんあります。つまり、目からウロコの求人に出会える率も高くなるということです。

職種に悩んでいるのなら、転職エージェントに相談して適正のある職種をリサーチしてもらいましょう。意外と自分の適正職種は分からないものです。第三者だからこそ、あなたの強みやスキルを発見してくれるかもしれません。

退職は意外と簡単。あなたの代わりはいます

退職したいけど、転職したいけど、今の仕事に穴を開けてしまうのではないか? と転職を踏みとどまる方も多いと思います。だけど助言したいのが、どんな職場でもあなたの代わりはいるということ。ストレスを抱えて仕事を続けるよりも、転職した方が精神的・肉体的にプラスになることもあります。

プラスになる職場を探すためには、転職エージェントに頼ることが近道です。転職エージェントは転職を斡旋してくれるだけではなく、ちゃんと意見を聞いてくれて「転職すべきではない」と言ってくれることもあります。安易に退職するのではなく第三者からの意見も聞いて、賢い転職の判断をするようにしましょう。