不動産業界へ就職したい!第二新卒や既卒は何からはじめるべき?

不動産業界へ就職したい!第二新卒や既卒は何からはじめるべき?のイメージ

賃貸物件を探す際に、必ずお世話になるのが不動産屋さんです。担当者が親身になってくれたことをきっかけに、住居を通じて人々に貢献する不動産業界に興味を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、他業種に比べてお給料が良さそうな点も魅力的です。

しかしながら不動産業界は「ノルマがきつい」「残業が多い」「上司が厳しい」「休日が少ない」などといったマイナスなイメージがあるのも事実。果たして、転職したところで長く続けられるのか、そんな不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。

結論から言えば、働く前から不安だらけだと続くものも続きません。そのような不安を払拭すべく、この記事ではまず不動産業界の基本情報や転職事情、転職する方法について指南したいと思います。

この記事のもくじ

良い企業を選びたいなら
良いエージェントを選ぶべき

転職サイトや転職エージェントは、どこも一緒だと思っていませんか?
良い企業に転職したいのであれば、まずは良い転職エージェントを見つけるべきです。
エージェント次第で、独占求人があるのはもちろん、応募書類や面接のクオリティーも変わってきます。

簡単30秒 まずは相談してみる

未経験から不動産業界へ就職したい!求人はある?難易度は?

不動産業界への転職を検討した時に、気になるのがその難易度です。一般的に不動産業界は他業種に比べて間口が広い傾向にあり、未経験者でも挑戦可能です。ただし、職種により求人の有無や難易度はバラバラです。代表的な職種別に見ていきましょう。

「家」というものは、人の生活の基盤になるものです。不動産業者は、その基盤づくりのお手伝いをします。人の生活に直結するだけあり責任は重大ですが、うまくマッチングできれば大きな充実感、達成感を味わうことができる業界です。まずは不動産業界についての正しい知識を身につけた上で、地に足をつけて転職活動を行うようにしましょう。

賃貸

マンションやアパート、駐車場や事務所等の賃貸業務を担当します。業態も大手賃貸会社から街の小さな不動産屋さんまで幅広く、かつ求人数も多いため、難易度も低めです。また、持ち家<賃貸、という選択をする方が増えていることにつき、今後も賃貸業務の需要は増え続けていくことでしょう。

販売

顧客の注文通りの家をつくって売る注文住宅販売、土地と家をセットで販売する建売住宅販売、マンション分譲販売などがあります。仕事内容は営業メインで、大きな買い物となるため顧客との信頼関係を築くことが大きなミッションです。大手から中小まで幅広い求人があり、未経験でも応募可能な求人もあります。

ディベロッパー

「ディベロッパー(developer)」とは、「開発業者」という意味です。不動産業界においては、土地の開発を行う業者のことを意味します。しかしながら、土地開発の業務を担うのはごく一部の人間だけでほとんどは営業の仕事に従事します。

とは言え、大手不動産ディベロッパーは人気が高く、学歴フィルターもあり難易度はかなり高めです。また、営業職の経験もない場合は、30歳までの転職が基本になっています。

不動産コンサルティング

顧客が所有する不動産の活用方法をアドバイスするのが不動産コンサルティングの仕事です。とくに資格などは必要ありませんが、日本ではまだまだ大きくない市場なので求人も少なめ、難易度も高くなっています。

公認・不動産コンサルティングマスター」という資格を持っていれば有利ですが、この資格を取得するための受験資格があるのは宅地建物取引士資格登録者、不動産鑑定士、一級建築士いずれかの資格を持っている人のみだということを心得ておきましょう。

第二新卒や既卒が不動産業界へ就職する方法

不動産業界にもさまざまな職種があることが前述のとおりです。未経験OKというのはほぼ営業職となりますが、オフィスでの事務職という選択肢もあります。

営業職も事務職も求人が多く、どこの企業を選択して良いのか分からないのが困りどころです。また、求人に記載されている内容も大差がないのでますます目移りしてしまいます。

そんな中、不動産業界に特化した転職エージェントが存在することをご存知でしょうか? 不動産業界に精通した転職のプロが、不動産業界を希望するあなたの転職をサポートしてくれます。非公開求人も紹介してくれて、専任のコンサルタントが面接の指導なども行ってくれるため、未経験からでも理想的な不動産業界への転職を実現できますよ。

代表的な大手不動産会社には第二新卒でも就職できる?

結論から言うと、就職は可能です。ただし、職種にもよります。賃貸や販売などの営業職、事務職であれば、大手でも入社のチャンスはあるでしょう。未経験でも問題はありませんが、いずれの職種においても普通自動車免許が最低限必要です。

ただし、大手だからといってとくにお給料が格段に高いわけではなく、営業の場合、基本は「基本給+歩合給」となり、営業成績が良くなければ給料アップも出世も難しいようです。大手にこだわるよりも、企業との相性や勤務条件で転職を検討した方が良い場合もあるということを頭に入れておきましょう。

不動産会社の中でも、ホワイト企業を見分けるには…

ブラック企業の巣窟とまで言われる不動産業界。その中でもホワイト企業を見分けるには、どのような点に着目すれば良いのでしょうか。そのポイントをいくつかご紹介します。

福利厚生が充実している

正社員として入社する場合は、労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金の加入が義務付けられています。全部揃っているのなら、少なくともブラックではないと考えて良いでしょう。産休制度や育児休暇制度まで用意しているようならホワイト確定!

中小の不動産会社ではこれらの制度が整っていないこともあります。応募する前にしっかりと確認しておきましょう。

年間休日日数が114日以上

厚生労働省の「平成31年就労条件総合調査」によると、労働者ひとり当たりの年間休日の平均日数は114.7日となっています。この数値を上回っているようなら、ホワイトと言えるでしょう。

また、不動産業は土日が勝負の仕事なので土日休みがほとんどありません。しかしながら、中には稀に土日祝休みの不動産会社も存在します。土日休みにこだわりたいのであれば、そうした不動産会社を選択すれば週末に英気を養って月曜から仕事をすることができますよ。

業績が安定している

どんなにお給料の高い職場であっても、倒産してしまってはまったく意味がありません。ホワイトは常に業績が安定、あるいは上向きで、倒産の可能性も最小限で済みます。気になる求人を見つけたら、まずはその不動産会社の業績もチェックしてみてください。

採用時に不動産営業志望に求められる具体的なスキルや人柄

不動産営業にとくに資格は必要ありません。では、どのようなスキルがあれば採用にプラスになるのでしょうか。営業の仕事にスポットを当ててご紹介します。

コミュニケーションスキル

営業の仕事は、顧客とのコミュニケーションや信頼関係の構築こそが売り上げに直結します。それゆえに、コミュニケーションスキルは必須となります。過剰なコミュニケーションは逆に「怪しいのでは…」「急かされているのでは…」と思われてしまうこともあるので、程良い距離感をキープすることがポイントです。

運転スキル

営業の仕事には車の運転が付き物です。とくに賃貸担当の営業の場合はお客さまを乗せる必要があるため、安全運転に徹する必要があります。運転に自信がなければ務まりません。

不動産に関する専門知識

インターネットが普及した今、不動産に関する知識についても個人で簡単に調べられるようになりました。独学でも良いので、入社前にある程度の不動産に関する知識を身につけておけば、採用担当者の心象も良くなるでしょう。

誠実な人

前述のとおり、営業の仕事は信頼関係の構築が肝となります。売り上げのために顧客を陥れるようでは、営業の仕事は成り立ちません。もちろん売り上げは重要ですが、あくまでも誠実な態度で、顧客の立場に立って接することができる人は重宝されます。

不動産業にかける熱意がある人

不動産業に限ったことではありませんが、仕事への熱意があり、キャリアアップしたい、という人は高評価です。とくに不動産業は成果主義。やればやっただけ自分に返ってきます。そこに年功序列はありません。年齢というしがらみにとらわれずバリバリ働ける土壌があるので、チャレンジ精神旺盛な人にはぴったりです。

まずキャリアプランを明確にしてから慎重に転職活動を行おう

離職率が高く、常に人手不足だと言われている不動産業界。離職率が高い背景にはそれなりのネガティブな理由があります。だからこそ、転職は慎重に行いたいものですね。理想通りの転職を成功させるためには、まず業界の事情を知り、今後のキャリアプランを明確にすることが重要です。

はじめは「○年後には○万円の年収が欲しい」でも構いません。一歩進んで、「いつかはディベロッパーになって都市開発に関わりたい」「資格を取って不動産コンサルティングになりたい」などといった明確なキャリアプランを描けば、きついと言われる業務にも耐えることができるはずです。独立だって夢ではありません。

そのためには、離職しなくていい職場選びが重要です。その強い味方になってくれるのが不動産業に特化した転職エージェントです。

未経験OKというハードルの低さはそれだけハードな一面があることを意味しています。転職のプロであれば業界のハードな一面についても精通していてアドバイスしてくれるし、希望に沿った不動産会社を紹介してくれますよ。ぜひ活用してみてください!