NTTデータの年収って高い?第二新卒、既卒の求人はある?【入りたい企業】

NTTデータの年収って高い?第二新卒、既卒の求人はある?【入りたい企業】のイメージ

NTTデータは国内最大手のSIer。自治体、官公庁、金融機関をはじめ、さまざまな業種の企業のシステム提案、開発、導入を行っています。IT業界で働きたいと考える人の中には「NTTデータで働いてみたい!」という人も多いのではないでしょうか?

新卒就活での人気の高いNTTデータですが、第二新卒・既卒から転職をすることはできるのでしょうか?NTTデータの企業情報や求められる人材、身につけておきたいスキルなどについてご紹介していきます。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

NTTデータは年収が高い!安定企業

NTTデータという企業名を聞いたことがある人は多いでしょう。IT業界を目指す人にとっては憧れの企業かもしれませんね。NTTデータとは、どんな企業なのでしょうか。その詳細をご紹介していきましょう。

NTTデータは国内でも最大手のSIerです。SIer(エスアイアー)とは、システムインテグレーション(SI)を行う企業のことです。さまざまな企業が使うシステムを構築するためには、業務内容の把握や分析、課題の検証などが必要となります。SIerはそういったコンサルティングを行い、ユーザーが求めるシステムを企画・構築・運用していきます。

SEとも似ている仕事なうえ、明確な定義があるわけではありませんが、技術を中心とした業務のSEに対し、コンサルティングを中心としているのがSIerの仕事です。NTTデータは、国内SI業界では最大手。売上高は1兆円を超え官公庁に強みを持っています。安定性のある大手企業と言えるでしょう。

NTTデータの顧客を業種別に見てみると官公庁・自治体、金融、製造、電力・ガス・水道、個人向けと多種多様。大手企業ならではの幅広さを感じます。さらにサービス別に見てもビッグデータ、AI、IoT、ロボティクスなど最新のテクノロジーを駆使して多くの課題解決をしていることがわかります。

気になるNTTデータの年収はどうでしょうか。NTTデータの年収の平均は、797万円(有価証券報告書調べ)となっています。総合職であれば年収1,000万円を超える給与が受け取れそうような、かなり高い水準の年収となっています。一方で、古い日系大手企業のため、年功序列の風土が強いようです。中途入社よりも新卒で入社した人の方が出世しやすく、若くして能力のある人は歯がゆい思いをするかもしれません。

第二新卒や既卒でNTTデータに採用してもらえる?

第二新卒・既卒からNTTデータに入社するにはどういった方法があるのでしょうか。
NTTデータの採用ページを確認してみると「新卒採用」と「経験者採用」の2種類がありました。

「新卒採用」の募集職種はSE(システムエンジニア)をはじめ、営業やR&D(研究開発)などSIerらしい職種を中心に幅広い募集があります。応募資格はその年度に高専・大学・大学院を卒業(修了)する人となっていますから、第二新卒・既卒の人が新卒枠で採用試験を受けることは難しそうです。

気になる新卒(大卒)の初任給(2017年4月初任給実績)が220,320円。他社と比べて飛び抜けて高いわけではありませんが、注目したいのは研修制度や福利厚生が充実している点です。新卒入社でなくとも恩恵が受けられる制度が数多くありますから、第二新卒や既卒からの入社でも活用してみましょう。

続いて「経験者採用」の募集要項を見てみましょう。プロジェクトの進捗状況などで求人がある職種は変化がありますが、顧客営業やソリューション営業、ITコンサルタントなどさまざまな募集があります。顧客営業ごとの求人情報も掲載されているため、IT業界以外からの転職であれば、これまでの経験を活かせる業界を狙うのもいいでしょう。例えば金融での業務経験があれば、「金融機関向けコンサルタント」などの領域に注目してみましょう。

NTTデータだからといって、必ずしもIT系の知識や技術、スキルが必要になる業種の募集ばかりではありません。これまでのスキルや知識を存分に発揮できる求人を探してみましょう。一方で、第二新卒・既卒という社会経験のみで、NTTデータに入社するのは簡単なことではないでしょう。求人の中には、一定の経験年数や高度な専門知識、プロジェクトリーダーとしての経験を求められるものがあるからです。IT業界・SIerで経験を積んでからNTTデータへの転職を目指すというのも選択肢の1つです。

採用情報はプロジェクトの進捗によって日々変化していますから、情報をこまめにチェックすることをおすすめします。
採用情報

実際にNTTデータで採用されそうなスキルや能力

NTTデータが求める「人物像」や活躍できそうなスキル・人柄とはどのようなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「考導力」がある人

「考導力」とは、社会のために自律的に考え、自ら動き周りを巻き込む力のことです。NTTデータの仕事は、社会を支えるしくみをつくることに直結します。そのためには、さまざまな視点を持って考えることが必要になります。まだ誰も答えを知らない課題に対して、どのように解決するべきなのか?その解決のために周りを巻き込みながら実現していく力を持った人が求められているようです。

「変革力」がある人

最新の技術に興味を持っていること、変化を楽しめることなど、「変革力」を持っていることもNTTデータが求める人物像のひとつです。変化の大きいITビジネスの中で、常に情報やスキルをアップデートしながらチャレンジし続けられる人には、向いている仕事と言えそうです。

「共創力」がある人

いろんなスキルや専門性、バックグラウンドを持つ仲間たちいっしょに協働しなければ作れないのが社会を支えるしくみです。仲間と協力しながら、目標に向かって挑戦したり達成したりできる力が必要とされます。

経済・生活を支えるよりよい仕組みをつくりたい人

情報システムは、社会生活、企業経営、サービスの分野でますます重要性を増しています。NTTデータのビジネスは経済や生活を支えるためのしくみをつくっていることから、人の暮らしを支える仕事にやりがいを持てる人には向いている仕事でしょう。

NTTデータは新卒や学歴重視の企業?

NTTデータは新卒優遇・学歴重視の企業という噂があるようですが、本当なのでしょうか?口コミサイトの情報によると、NTTデータは良くも悪くも古い体質の日系大手企業のようです。年功序列のため、新卒で入社した社員は課長程度までは出世できるようです。しかし中途入社の方々の出世は難しいようです。配属されるプロジェクトなどによっても待遇に違いがあるようですが、年功序列の風土が根強く残っていることが見受けられます。

実はNTTデータにもブラック企業だという噂が…

また、「NTTデータはブラック企業だ」という噂もあるようです。実施に働く人はどのような感想を持っているのでしょうか。口コミ情報をまとめてみました。

NTTデータのポジティブな口コミ

  • 残業時間については、担当するプロジェクトによりおおきなバラつきがある。定時退社ができるプロジェクトもあれば、終電間際まで残業をしているプロジェクトもある。
  • 勤務時間は7.5時間。同業他社と比べると良心的な環境で働けていると思う。
  • パソコンのログイン・ログオフで労働時間が管理されています。残業が多いと厳しいチェックが入り、それは管理職であっても変わりません。有給休暇は20日、夏季休暇がそれとは別に5日あります。繁忙期は残業もありますが、それはどの業界も変わらないものだと思います。

NTTデータのネガティブな口コミ

  • 残業時間が多く、裁量労働制のため30時間を超えた残業の場合残業代が出ない。
  • 休日にもクライアントから電話が来ることがあるためゆっくり休める環境ではない。有給消化率100パーセントと言っているが、実際は出勤していたり仕事をしていることも多々ある。

大企業らしく、労働時間やライフワークバランスに関する制度やチェックはしっかりと整備されていることがわかります。一方で、プロジェクトや担当する客先によっては休日を返上しての対応を求められることがあるようです。老舗日系企業らしく、古い考えの上司がいる場合は残業や休日出勤が常態化している可能性もあるようです。

まとめ

国内最大手のSIer、NTTデータ。毎日の生活を支えるインフラや日本経済を支えるシステムに関わることができる仕事です。大きなやりがいを感じられ、給与水準も非常に高いため、新卒・転職ともに人気の企業です。それゆえ、求められる経験やスキルは非常に高く、プロジェクトリーダークラスの実績を条件とした求人情報も多くあります。第二新卒や既卒からNTTデータに入るには大きなプロジェクトで活躍した実績や、より高度な知識・スキルを必要とするでしょう。

NTTデータへの転職は、転職エージェントを通してチャレンジすることをおすすめします。一般に公表されていない非公開求人の情報を知ることができますし、人気企業のNTTデータに採用されるためのノウハウやアドバイスももらえるでしょう。自分の適性や強みを客観的に知ることもできますので、ぜひ登録を検討してみてください。