Webプログラマーの実際の仕事。必要なスキル。第二新卒が転職する方法

(最終更新日:2019/3/8)

Webプログラマーの実際の仕事。必要なスキル。第二新卒が転職する方法のイメージ

IT関連の職種として「Webプログラマー」を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。普段何気なく使っているWebサイトやSNSも、Webプログラマーの仕事のおかげで使うことができているのです。

一方で「Webプログラマー」の仕事を正確に理解できているでしょうか?また、未経験から「Webプログラマー」として就職することは可能なのでしょうか?
今回は、「Webプログラマー」の仕事内容や気になる年収、文系や未経験から就職するために必要なことについてご紹介していきます。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

Webプログラマーの理想と現実。具体的な仕事内容

「Webプログラマー」は具体的に、どんな仕事をしているのでしょうか?

プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアをつくる仕事です。

Webサイトは、Webプログラマーが構築したプログラムによって動いています。
例えばSNSに写真を投稿することや、検索エンジンで知りたい単語を調べることも、プログラマーが組み込んだ綿密なプログラムのおかげで利用できるのです。

Webプログラマーは、HTML、CSS、PHP、JavaScriptなどのプログラミング言語を扱いプログラミングを構築していきます。開発するWebサイト、サービスによって求められるプログラミング用語が異なるため、開発内容によって言語を習得しなければいけません。

Webサイトは毎日のように新しいものが作られているため、それらを作ることができるWebプログラマーは、人手不足が叫ばれるほどに必要とされています。パソコンとwi-fi環境があれば仕事ができるため、スキルを身につけて独立したり、フリーランスとして活躍したりする人もいます。

専門的な知識を身につけ、常に向上心を持って学び続けなければいけませんが、場所にとらわれずに働ける、専門性の高い仕事でもあります。

Webプログラマーはプログラマーの中の1分野

「Webプログラマー」とは、プログラマーと呼ばれる職種のひとつです。まずはプログラマーについて理解していきましょう。

プログラマーとは、プログラム言語を扱い、システムやソフトウェアを動かすプログラムをつくる仕事です。私たちが普段使うWebサイトやSNS、アプリなどだけでなく、企業が使う大きなプログラムを扱うプログラマーもいます。例えば金融や流通などのプログラムです。さらにスマホや家電といったハードウェアに搭載するプログラムを構築するプログラマーもいるため、プログラマーが活躍できる場所は時代とともに増えています。

こちらではより詳しくプログラマーについて紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

実際のWebプログラマーの年収、働きやすさはどう?

それでは、気になるWebプログラマーの年収について見ていきましょう。

webプログラマーの平均年収はおよそ440~580万円
最大年収は約1000万円~となっています。
webプログラマーの年収は、そのスキルや専門性によって大きく変わってくるようです。

webプログラマーとして、年収1000万円以上を稼ぐには、プログラミングの知識だけでなくより上流の工程に関われるスキルを身につけなければいません。例えばサーバやデータベースについての知識も持ち合わせたWebプログラマーであればよりたくさん稼ぐことができるでしょう。

また、独立してフリーランスWebプログラマーとなるのも高収入を得るためのポイントです。そのためにはより豊富な知識を身につけ、技術力や提案力を磨いていく必要があります。

出典:webプログラマーの年収給料や20~65歳の年齢別役職別・総合職・一般職・技術職の年収推移|平均年収.jp

また、webプログラマーの働きやすさとしては、慢性的な人手不足のため比較的就職しやすい職種であると言えます。
雇用形態も正社員・契約社員・アルバイト・業務委託・フリーランスなど多様で、アルバイトをしながら知識を身につけ、正社員としての転職を目指す人もいます。

文系や未経験からの就職、転職も可能ですが、まったく知識がない状態から現場に入るのは苦労が多いかもしれません。書籍やWebサービスを利用して、プログラミングの基礎知識をつけてから就職活動を行うのが良いでしょう。

20代、未経験からWebプログラマーに転職する方法

Webプログラマーは、未経験からも比較的就職しやすい職種と言えます。さらに文系・理系を問わずに募集があるため、興味がある人はチャレンジしてみるのがいいでしょう。

しかし、Webプログラマーとして活躍したいのであれば基礎的な知識やスキルを身につけてから入社するのがスムーズです。採用試験で「これまでに作ったWebサイトやブログを見せてください」と言われることもあるので、余裕があれば自分でWebサイトやアプリを立ち上げてみましょう。

ここからは、未経験からWebプログラマーになるためにできることを具体的にご紹介していきます。

プログラムについて学ぶ

入社前にプログラミングの基礎的な知識を身につける事ができたら、自信を持って働き始められますし、採用試験でのアピールにもなります。

プログラミングを学ぶ方法はさまざまにあります。
例えば書籍やWebサービスを利用して独学で勉強しても良いですし、プログラミングスクールに通う方法もあるでしょう。

実際に手を動かしてプログラムを書くことで、Webプログラマーとして働くイメージも持てるはずです。自分に適性があるのかを見極めるためにも、学習をはじめましょう。

プログラミングスクールのある転職サービスを利用する

プログラミングの知識を身につけながら、転職活動ができるサービスがあります。これは転職エージェントが提供しているもので、無料でプログラミングを学びながら就職先も探せてしまう一石二鳥のプログラムです。

Webプログラマーとしてすぐに就職・転職をしたいと考えている人であれば、利用してみる価値があるでしょう。

資格を取得する

Webプログラマーになるために必要な資格は特にありません。
しかし、未経験だからこそ一定の知識レベルが保証される「資格」は持っておいても損はありません。Webプログラマーが取っておくと有利な資格をご紹介します。

情報処理技術者試験

ITに関する仕事に必要な知識やスキル、論理的思考などを問われる国家試験です。全部で12の試験区分に分かれています。

「基本情報処理技術者」は基本的な知識・技能を問われるものですが、合格率は約27%と難易度の高い試験となっています。履歴書に記載ができれば大きなアピールになるでしょう。

PHP技術者認定試験

PHP言語の取得レベルを認定するための試験です。Webプログラマーとして扱う機会が多いPHP言語の習得度を客観的な指標で表すことができ、就職や転職でのアピールも有効です。

試験カテゴリは「PHP5技術者認定初級試験」「PHP5技術者認定上級・準上級試験」「PHP5技術者認定ウィザード」の3つに分かれています。

「PHP5技術者認定初級試験」は合格率が70%程度と難易度が低いので独学でも十分に狙える資格です。

Oracle Certified Java Programmer

Java言語の知識と技術を認定する「オラクル認定Javaプログラマ資格」です。
試験のグレードは「Bronze」「Silver」「Gold」の3つにわかれています。Silver以上は世界共通資格となっているため、人気の資格です。

まずは難易度の低い「Bronze」から挑戦してみましょう。

Webプログラマーとしてアルバイトから働く

コツコツ学ぶのは性に合わない…という人は、アルバイトからWebプログラマーのキャリアをスタートさせるというのもいいでしょう。

実際のWebサイトやアプリに関わりながらWebプログラマーの知識や技術を身につけることができます。そのまま社員登用を目指したり、正社員としての転職をしたりしても良いでしょう。

Webプログラマーに求められているスキルや能力、人柄

Webプログラマーが未経験からもチャレンジができる職種ということはわかりましたが、どういった人が活躍できる仕事なのでしょうか。Webプログラマーに向いている人物像を見ていきましょう。

まず、Webプログラマーに向いているのは勉強をしたり知識を身につけたりするのが好きな人です。Webプログラマーとして論理的な思考を持ち、向上心をもって取り組める人はWebプログラマーとして活躍できるでしょう。

さらにどんなことがあっても最後までものごとをやり抜く強い意志を持っている人もWebプログラマーに向いています。プログラムは、一度書いて終わりではありません。思い通りに動かないことも、原因がわからないトラブルが起こることもあります。そういったときでも冷静に、試行錯誤をしながら解決をめざせる人に向いている仕事といえるでしょう。

また、新しいことに取り組むチャレンジ精神が旺盛な人も活躍できるのがWebプログラマーの仕事です。なぜならWebプログラマーの仕事は、マニュアル通りに、これまでと同じやり方をし続ければ良いというものではないからです。常に好奇心を持って、より良いプログラムを書くためにはどうしたら良いかと考えながら取り組む姿勢が求められます。

まとめ

Webサイトやアプリに関わるプログラミングを行うWebプログラマーの仕事。
未経験からも挑戦できる、魅力的な仕事ということがわかりました。知識やスキルを身につければ、未経験からでも年齢に関係なく活躍する場が広がっています。Web業界は今後ますます発展していく分野ですから、専門分野を確立するのと同時に新しい知識を身につけ、常に必要とされるWebプログラマーを目指しましょう。

未経験からWebプログラマーとしての就職・転職を目指すのであれば、サポートが充実している転職エージェントを利用することもおすすめです。スクールや就職支援、適性診断などさまざまなサービスを展開しているので、ぜひチェックしてみてください。