第二新卒や未経験でもZOZO(ゾゾ)の転職を目指すには?求人情報も紹介

第二新卒や未経験でもZOZO(ゾゾ)の転職を目指すには?求人情報も紹介のイメージ

どんなにファッションに疎いと言っても、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を知らない人はいないのではないでしょうか。もし知らないとしても、「ZOZOTOWN」を運営するZOZO(ゾゾ)の創業者が何かとお騒がせな前澤友作氏、と言えば、ピンと来るかもしれません。

ファッション通販サイトのパイオニアであり、現在はプライベートブランドの企画・開発、物流倉庫の運営、グローバル展開と、飛ぶ鳥を落とす勢いで事業を拡大し続けている注目の成長企業・ZOZO、第二新卒や未経験だと転職は難しい? いえ、実はそうでもないのです!

もう仕事選びで失敗しないためには
良いエージェントを選ぶべき

「良いエージェント」とは、こちらの希望を聞いた上で、理想を叶える基盤が揃っている企業を紹介してくれるエージェントです。

希望条件に合った企業を紹介するには、求人数が必要なのはもちろん、独占求人を保有しているかも重要です。
また、エージェント次第で応募書類や面接のクオリティーも変わってきます。

505名の体験談に基づく
転職エージェントおすすめ5選を見る

この記事のもくじ

ZOZO(ゾゾ)とは?

ZOZOは、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」等の運営をはじめとしたEC事業を展開するファッション企業です。

1998年に前澤氏により、輸入CDやレコードの通販会社「スタート・トゥデイ」として創業。2004年にはインターネット上のショッピングサイト「ZOZOTOWN」の運営を開始、2007年に東証マザーズ、2012年には東証一部に上場しました。現在の社名に変更されたのは2018年のことです。

2019年にはIT大手ヤフーにより連結子会社化され、同時に創業者である前澤氏が社長を退任しました。前澤氏の後任としては、澤田宏太郎氏が社長兼CEOに就任。「社員が主役」をスローガンに、トップダウン方式からボトムアップ方式への転換に取り組んできました。さらに、「ZOZO WORKSTYLE 楽しく働く」という独自の指針を掲げ、労働への新たな価値を創造しています。

ZOZO(ゾゾ)の求人・募集情報

ZOZOでは通年、複数職において正社員採用を行っていますが、特に第二新卒や未経験が歓迎されるのは下記の職種です(2020年10月現在)。採用情報は随時更新されるので、希望の職種が見つかる/見つからないに関わらず、マメなチェックを欠かさないようにしましょう。

なお、希望職種の募集がない、今すぐ転職できない、という場合は、マッチしたポジションに空きが出た場合採用担当から連絡が来る「キャリア登録」の利用がおすすめです。
現在募集している職種は、下記がありました。(※2020/10/05現在)

【カスタマーサポート部門】データアナリスト・プロジェクト推進スタッフ

カスタマーセンターが保有しているデータに基づき、カスタマーサポートセンター&ZOZOTOWNのサービスレベル向上、体制強化を目指して数値管理・分析、最新テクノロジーの導入マネージメントなどを行います。

具体的には、お客様満足度・NPSの要因分析、ヘルプページのアクセス解析、チャットBOTの分析・改善、カスタマーサポートセンター内のワークフォースマネージメントを担当します。

応募資格は社会人経験2年以上、基本的なパソコンスキルなど。学歴不問、第二新卒・未経験者歓迎の求人です。

総務(物流管理部門)

ZOZOBASE(物流センター)における、総務業務全般(アルバイトスタッフの管理、設備管理&修繕対応、備品の発注、在庫管理、イベント企画&実施など)を担当します。

応募資格は指定日に入社が可能なことのみ! 職種・業界未経験、第二新卒歓迎の求人です。総務という業務上、コミュニケーション力が求められます。勤務地はZOZOBASEつくば1か2(茨城県)のどちらか。どちらも最寄り駅から無料送迎バスがあります。

※2020年10月時点では募集終了となっていますが、出店ブランドの販売支援などを行う「EC運営支援スタッフ」、「ブランド営業」も未経験者歓迎となっているほか、ZOZOグループの技術・デザイン・分析等制作業務全般を担う「ZOZOテクノロジー」ではエンジニア、デザイナー、WEBアナリストなど技術職の採用も行っています。

平均年収


ポジションによって年収は大きく異なりますが、未経験者OKの職種の場合は月収20万円~、年収414万円~(賞与・残業代・幕張手当込み)というのがスタンダードのようです。

全体で見た場合の平均年収は、545万6,000円(平均年齢33.3歳、平均勤続年数4.8年)となっています(参照:第22期 有価証券報告書)。

基本的に昇給制度はなく、基本給・賞与は全社員一律のため、役職がつかない限り年収がアップしないのがネックではありますが、それをカバーするのが下記に挙げる手厚い福利厚生です。

  • 幕張手当:指定エリア内に住むスタッフに月5万円を支給。全社員の6割が利用
  • MORE FASHION手当:毎月一定のZOZOポイントを支給
  • 自学手当:スタッフの自己成長を目的に毎月2,500円を支給。勤続年数に応じて増加し、最大10万円

第二新卒や未経験でもZOZO(ゾゾ)に転職できる?

職種を選べば第二新卒や未経験でもZOZOに転職することは可能です。ただし、必ずしも希望の職種が中途採用を行っているわけではありません。特に上記の、第二新卒や未経験歓迎の職種は人気のため応募が殺到、定員に達するとすぐ募集終了になってしまいます。

ここで、未経験OKの職種が募集終了だからといって諦めることなかれ。裏技として、週に4、5日勤務の契約社員として入社するという手もあります。ZOZOでは契約社員に向けた社員登用面接を不定期で実施しているので、正社員になることも夢ではありません。しかも契約社員であれば採用人数が多いため採用の確率もグンとアップ!

選考プロセスも正社員よりもずっとシンプルだし一度不採用になっても何度も応募できるので、どんな雇用形態であれZOZOに入社したい! という人にはおすすめです。

また、キャリア登録しておけば欠員時に採用担当者から連絡が来る可能性もあるので、初めから正社員狙いの人は登録しておきましょう。

さらに、転職エージェントでZOZOなどの有名アパレル企業の求人を非公開求人として取り扱っている場合もあります。少し遠回りにはなりますが、アパレル業界でキャリアを積んでから本命・ZOZOに転職するというのもアリかもしれません。

こちらの記事では第二新卒や20代の転職におすすめのエージェントをまとめています。エージェント選びの参考にしてみてください。

ZOZO(ゾゾ)転職に必須のスキル・知識

社会人経験が浅い第二新卒や未経験の場合、職種が限られていることは前述のとおりです。そうした職種であっても最低限必要なのは、アパレルやファッションに対する興味と知識です。もちろん、ZOZOTOWNを日頃から利用していることはデフォルトです。

そのほか、ECサイトに対する理解やWEB知識があった方が採用に有利に運ぶことでしょう。

求められている人物像

どの職種においても求められているのは、「主体的に行動でき、チャレンジすることが好きな人」です。また、「ZOZOが好きな人」というのは大前提です。

裏を返せば、それさえクリアすればZOZOグループの一員になれる可能性があるということ。もちろんエンジニアなど技術職の場合はスキルが必要ですが、基本は「熱意」と「好き」に溢れた若いパワーが求められています。

中途採用された先輩の中には、新卒時にZOZOを受けて不採用だったにも関わらず、中途で採用された人も多くいます。「好き」を諦めない気持ちを持ち続けるモチベーションも採用のヒントなのかもしれません。

チャレンジ精神に溢れた第二新卒・未経験、ウェルカム!

実はZOZO創業者である前澤氏は高卒。それでいて、一代で大きな財産を築き上げました。それに起因するかどうかは明らかでないですが、ZOZOは学歴よりも「やる気」「熱意」を尊重している企業です。第二新卒や未経験でも、やる気と熱意さえあればZOZOに転職できる可能性は十分にあります!

本文中の「幕張手当」のほか、6時間労働制の「ろくじろう」など、ZOZOにしかないユニークな福利厚生も充実しているので、プライベートとの両立もバッチリです。気になった人はホームページの採用情報をマメにチェックしてみてください!