【最短で転職を成功させる方法】20代に特におすすめのIT系営業マンを目指す方法

【最短で転職を成功させる方法】20代に特におすすめのIT系営業マンを目指す方法のイメージ

「IT業界」に憧れや興味を持つ人も多いと思います。でも、知識や経験がないと無理だろう…とあきらめていませんか?
IT系営業職の仕事内容から転職を成功させるために準備しておくとよいことまで解説していくので、興味のある人は目を通してみてください。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

転職でIT系営業マンがおすすめできる理由

転職でIT系営業職をおすすめするのには、理由があります。

まずIT業界は、慢性的な人手不足という問題を抱えています。IT業界の技術は日進月歩と言われるほどに、変化の激しい業界です。そのため、人の動きも非常に流動的で未経験の求人も多く出ています。様々なことがIT化されている今、今後のキャリアアップを考える上でも早い段階でIT業界に転職しておくと、可能性が広がるのではないでしょうか。

また他業種で営業職の経験がある場合、活かせるスキルが多くあります。例えば、20代の転職者に対しては、ヒアリング能力とプレゼン能力が求められています。他業種と同じくIT業界の営業も相手の要望を細かくヒアリングして、真のニーズを引き出さなければなりません。そして、そのニーズに合わせた提案を相手に合わせて分かりやすくプレゼンする力も必要になります。営業経験はもちろん、販売や接客なども似たような力が身についていると思うので、アピールの仕方次第では十分に可能性があると思います。

実際にIT系営業ってどんな仕事?どんなやりがいがある?

IT系営業とはよく耳にするものの、具体的にはどんな仕事をしているのかイメージはありますか?仕事内容ややりがいにフォーカスして詳しくみてみましょう。

まずは、仕事内容について見ていきます。

課題の解決策を提案

IT業界の営業は、クライアントの抱える問題や課題をヒアリングし、それに対して解決策を提示する「ソリューション提案」と言われるスタイルです。その中でも重要なのが、ヒアリングをして要望や課題を正確に把握することです。ここがずれていると、解決策もずれてしまうからです。
しかし「課題は何ですか?」と聞いて、正確な答えが返ってくることはあまり多くありません。クライアントが見えているのは表面化している課題であって根本的な原因は別にあったり、たくさん課題が出てくるので最優先課題を明確にする必要があったり、先方が気づいていなかった課題を発見することもあります。そして、その情報を元にエンジニア達と解決策をまとめ、クライアントにプレゼンをします。ヒアリングからプレゼンまでのコミュニケーション力が必要とされる職種です。

関係者やスケジュールの調整

システム開発をすることが決まれば、開発者の手配とスケジュール調整が必要になります。クライアント先にエンジニアが常駐して作業をする場合もあれば、開発会社でエンジニアが集まって開発する場合もあります。下請けや孫請けといったように、多くの会社が関わることもめずらしくないため、全体像を把握して進捗を確認しながら進めていく必要があります。もちろん開発を進める中でトラブルやクレームが起きた場合はその対処と、スケジュールの見直しもしなければなりません。関係者が多いので、コミュニケーション力や調整力が求められます。

新規顧客獲得のアプローチ

契約が1社増えると売上へのインパクトが大きいため、新規獲得に注力している企業もあります。大きなお金が動くため初めから商談がまとまることは少なく、断られても交渉を続ける粘り強さが必要とされます。企業によっては、見込み客リストの作成からアポ取り、商談までを一任されることもあります。これらは、他の業界と同じ流れなので経験を活かすこともできるでしょう。

次に、仕事のやりがいについても見てみましょう。

企業の課題解決をし感謝される

多くの企業は、今現在起きている問題点を課題だと捉えていて、問題の本質に気づいていないことがよくあります。クライアントと向き合い、ヒアリングを重ねることで解決すべきポイントを提示し、根本的な課題を解決することで企業から大変喜ばれます。企業の根幹に関わるシステムの構築や改善などに携わることも多いため、予算はもちろん企業に与えるインパクトも多大です。そのためうまくプロジェクトが進んだ場合、企業側からはとても感謝されるようです。これはIT系営業職のやりがいのひとつと言えるでしょう。

新たな価値を生み出せる

企業の抱える課題は、似ている部分はあったとしても完全に一致するということはありません。場合によっては、パッケージ商品の導入で解決する場合もありますが、クライアントの状況やニーズに合わせてカスタマイズしたり、新しく作ったりすることも多いものです。その結果、まだ世の中になかった新しい価値をもつ商品になることもあります。社会へインパクトを与えられる可能性があるのは魅力的ですね。

常に最新の技術に触れることができる

上記に付随しますが、クライアントの課題を解決するという目的をどうすれば達成できるのかを考え抜いた結果、新しい技術開発につながることもあります。IT業界の技術は日々変化しています。新しい知識や情報をなくして、顧客の課題解決はなしえません。営業職として顧客に対する責任を果たすためにも、自ら情報収集をしてエンジニアに相談を持ち掛けて形にしていくことで、チーム力も高まり大きな達成感を味わえることでしょう。

IT系志望がベストな転職を成功させるために準備しておくべきこと

IT系というと、業界知識が必要そうだというイメージを持っている人も多いかもしれません。IT系営業職に転職する際、どんなことを事前に準備しておけばよいか確認してみましょう。おすすめの転職エージェントについては、次で詳しく紹介します。

転職エージェントを活用して必要なスキルを事前にヒアリング

IT系と言ってもシステム開発やwebサイトの構築、アプリ開発など多岐にわたります。それぞれの分野によってももちろん求められるスキルは違いますし、企業によってもそれぞれ異なります。ミスマッチをなくすため、事前に企業が求めるものを把握しておく必要があります。自分で細かい情報を把握するのは時間もかかりますし、そもそも情報が出ていないということも考えられます。そこで役に立つのが、企業情報に精通している転職エージェントです。彼らをうまく活用して、IT系の中でも分野を絞ったり、企業選定をして事前準備を進めるのが一番スムーズでしょう。

最低限のプログラミング知識

転職でIT業界の中には、未経験OKという案件もあります。ただ紹介したとおり、営業職はクライアントの要望をヒアリングして、開発者と相談し提案するという流れになります。エンジニアと同じレベルで知識が必要というわけではありませんが、プログラミングの知識が少しでもあれば営業活動に大きく活かすことができます。まったく知識がない状態で営業に出向くと、ヒアリングをすることしかできず、全て持ち帰って確認することになります。クライアントの中には営業担当はそれなりの知識があると思っている人も多いので、その場で答えを求められることも多くあります。早い段階で信頼を獲得するためにも、できるだけ事前に勉強しておく方が双方にとって良いのではないでしょうか。どれかひとつの言語に絞って勉強してみると良いでしょう。

マーケティングの知識

特にweb系のサービスをメインに扱う企業へ転職する場合は、マーケティングの知識が必要とされます。webサービスを運営する場合、ポイントになるのがアクセス数などのユーザーの行動です。企業の求める目的によって見るべき指標は変わってきます。どのシステムを使ってどんなデータが取れるのかなどを把握した上で提案する必要があります。ゆくゆくは、Google Analyticsなどのツールを使ったアクセス解析スキルなどはもちろん、オンライン・オフラインの全体像を把握して提案することが求められるので、早めに知識を習得しておくことをおすすめします。特にIT系の知識は日々進化しているので、そのスピードについていくための練習としても早めに触れておく方がよいでしょう。

転職でIT系営業を目指す第二新卒なら、エージェント選びも重要

他業種からIT系営業職への転職を希望する場合、分からないことだらけだと思います。その状況でやみくもに突き進んでも、うまくいきません。転職エージェントを活用して、IT業界の理解を深めつつ進めるのが良いでしょう。おすすめの転職エージェントを2つ紹介するので、気になるものは登録してみましょう。

ワークポート

2003年に創業し、IT・ゲーム業界に強みをもつ転職エージェントです。特に、エンジニア職と営業職の求人を数多く保有しています。転職をサポートしてくれる転職コンシェルジュは各業界のスペシャリストを採用していて、職務経歴書の添削や求人紹介、面接対策から転職後のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

マイナビエージェント×IT

就活・転職サイト大手のマイナビエージェントが運営するIT転職に特化したサービスです。求人の大半は非公開求人で、その数は約5,000件以上。マイナビ独自の取引企業なども多く、ここでしか紹介してもらえない求人がたくさんあるので登録しておくことをおすすめします。キャリアコンサルタントは業界専門制を採用しているので、業界のプロがそれぞれの職種に合わせたサポートをしてくれるのも心強いですね。

まとめ

IT業界というと難しそうな印象を持っている人も多いかもしれませんが、営業職に求められるのはヒアリング力とプレゼン力、そして調整力です。もちろんクライアントと話をする際に最低限の知識は必要ですし、変化の激しい業界なので日々の知識習得は必須です。その意欲や興味があれば、まだ世に出ていない新しい価値を生み出せる機会に巡り合えるかもしれません。そんなやりがいと可能性に満ちた転職、ぜひ諦めずにトライしてみてください。