cygamesは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

cygamesは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

株式会社サイゲームスは、モバイルゲームアプリや、プレイステーション向けなど家庭用ゲームソフトを開発している会社です。近年では、ゲームから派生しはアニメやウェブコミックへの展開も手掛け、事業を拡大しています。

cygamesの年収は全国平均よりもやや上くらいという口コミが多数上がっており、その知名度に比べると少し心もとないように思えます。しかし、ゲーム業界全体では高報酬の会社といえ、さらにインセンティブ制度が充実しているとの口コミも同時に上がっています。また、サイバーエージェントの子会社なので、安定性は期待できますね。

幼少のころから慣れ親しんできたゲームを作っている企業に就職したいと、cygamesへの転職を熱望する人は多いことでしょう。果たして、cygamesは第二新卒や既卒を採用しているのでしょうか。評判と口コミを含めて、検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

Cygamesは第二新卒・既卒の採用をしているか?

Cygamesは、第二新卒の採用を積極的に行っています。ゲームクリエイターやゲームプランナー、エンジニア、総務など、会社内のさまざまな分野で第二新卒を募集・採用しています。「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンに共感し、チームの一員として面白いコンテンツを作りたいという熱意のある人材を求めており、熱意があれば業界未経験でも応募可能となっています。また、美大や専門学校を卒業していなくてもデザイナー職に応募できるなど、学歴に関する特殊な条件が設定されていないため、熱意と意欲があれば第二新卒・既卒で挑戦していける会社かと思われます。

Cygamesの事業内容は?

ゲームの企画・開発・運営やアニメーション製作、投資支援などを主な事業内容としており、「最高のコンテンツを作る会社」をビジョンに掲げています。会社が設立された2011年に、第一弾タイトル「神撃のバハムート」をモバゲーにて配信して以降、「戦国SAGA」「三国志パズル大戦」「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」「グランブルーファンタジー」「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」など数多くのタイトルを生み出しています。“Cygames”というブランドを高め、誰よりも面白いゲームを作るために、チーム・サイゲームスとしてチームプレイでコンテンツを作り上げています。

cygamesに入社できたらどんな経験を積める?

cygamesに入社できたら、日本中、世界中が夢中になるゲームの制作にクリエイターとして参加することができます。キャラデザインのクオリティーに定評があるcygamesですから、仕事をするたびに世界基準の技術を身につけていくことができるでしょう。また、ゲーム制作は一人では不可能です。チームで仕事をするスキルも自然と手に入ります。

社風としては、ポジティブ発言をかなり大事にしているため、明るく楽しい雰囲気がオフィスを包んでいると感じる人が多いようです。上下関係を過度に気にすることなく発言でき、受け入れられる環境はとても嬉しいですね。また、部署を超えてチャレンジしていく姿勢が喜ばれるという口コミも上がっています。意欲の溢れる人にはもってこいです。

海外版タイトルを立ち上げる部署に所属されれば、cygamesの優れたゲームコンテンツを世界中に発信していく仕事に従事することができます。ゲームが好きで、海外で活躍したいと考えている人には、とくにふさわしい職場環境といえるでしょう。

福利厚生面では、入社時の研修プログラムをはじめ、定期的な勉強会が開催されるスキルアップサポート制度や飲み会の費用が支給されるコミュニケーション活性化制度など、仕事をするための環境を整える仕組みが確立しています。無料でマッサージが受けられる健康サポート制度があるのは、机上に何時間もいるエンジニアが多いゲーム会社ならではですね。

さらに、10歳未満の被扶養者1名につき、月額2万円が3名分まで支給される子供手当も注目に値します。とくに第二新卒は、これから結婚・子育てといったライフイベントを控えている世代です。家庭環境の変化を手当の面でしっかりサポートしてくれるのは、とても嬉しいものです。

Cygamesの求人や評判は?

「挑戦させる社風」があり、チャレンジすることに寛容な会社のようです。目の前の業務をこなすだけではなく、さらに上を目指したいという意欲があれば、大きく成長していける場所だと感じている社員もいるようです。給与水準も比較的高めなので、スキルアップを目指しながら長く働いていける職場かもしれません。ですが、プロジェクトの売り上げによってもらえる手当などが違ってくることもあり、どのプロジェクトに所属できるかで収入や残業時間が違ってくるようです。

第二新卒からcygamesを狙うなら?

第二新卒からcygames を狙うなら、キャリア採用枠に応募することになります。公式サイトでは、ゲームプランナーやディレクターをはじめ、エンジニア、デザイナー、海外担当者、研究員など実にさまざまな中途採用情報が上がっています。公式サイトからそのまま応募することも難しくはありません。

しかし、人気企業ですから、一人で立ち向かうのではなく、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。転職エージェントを利用すれば、履歴書の添削や面接対策といった支援を受けられるだけではなく、待遇面の交渉などもかわりに行ってくれる可能性があります。

第二新卒からcygamesを狙うためには、どんなプランを練り、どんな転職エージェントを利用するのがいいのでしょうか。順にご案内します。

第二新卒からcygamesを狙うためのプラン

第二新卒からcygamesを狙うためにまず行うべきなのは、スキル磨きでも業界研究でもなく、転職エージェントに登録することです。「まだ、あこがれの企業に入れるような技術はない」と技術向上にこだわっていると、転職の機会をどんどん逃してしまいます。まずは、百戦錬磨の転職エージェントに、その実力をジャッジしてもらいましょう。足りないところは上手に下駄をはかせてくれるのも、転職のプロならでは。

また、cygamesの中途採用においては、1~2回程度の面接が必要です。質問自体はストレートなものだとの口コミも上がっていますが、だからこそ「どうしてもcygamesで働きたい」という熱意を伝えるのは難しいといえるでしょう。転職エージェントの手ほどきを受けることで、自然と「受かる面接」のスキルを身につけることができるのです。

こんな転職エージェントを選ぼう

cygamesに転職したいなら、2つのタイプの転職エージェントに登録しましょう。1つめはゲームクリエイターの転職に強いエージェント、もう一つは大手のエージェントです。

ゲームクリエイターの転職に強いエージェントなら、自分の今までの経験やスキル、クリエイターとしての志向性を的確に診断してくれます。そしてどの部門を狙えばよいか、具体的にアドバイスしてくれるでしょう。もしかしたら「グループ会社のほうが向いている」と、より自分に適した企業を紹介されるかもしれません。

また、大手の転職エージェントは、企業との太いパイプが特徴です。採用担当者に「こんな人材がいる」と直接交渉してくれる可能性があります。公式サイトでは募集していない非公開求人により多くアクセスできるのも、大手の強みです。

いずれにせよ、複数の会社に登録し、より自分に合ったエージェントとお付き合いを継続するのがおすすめです。どの会社が自分にとって最適なプランを提案してくれるか、よく見極めたうえで一社に絞りましょう。