ニトリは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2019/4/10)

ニトリは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

近年、破竹の勢いで日本を代表する大手家具メーカーへと躍進したニトリは、家具やインテリア用品の企画販売などを行う企業です。アメリカでは、似鳥昭雄会長の名前からとられた「Aki-Home」という店舗名で親しまれていることをご存じでしょうか。

ニトリの家具は、シンプルで親しみやすいデザインや、従来の家具と比べてかなり安価なこと、それでいてしっかりしたつくりから日本中で愛されています。家に一つはニトリの家具がある、という人も多いのではないでしょうか。製造から小売りまで丸ごとグループ直営で行うSPA手法をとっているのは、家具業界ではあまりないことですから、その思い切ったノウハウのファンという人もいるかもしれませんね。

ニトリの製品や業態のファンなら、第二新卒や既卒からでもニトリにチャレンジできると聞けば、とても気になりますよね。はたして、ニトリは第二新卒や既卒を採用しているのでしょうか。評判と口コミを含めて検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

ニトリは第二新卒・既卒の採用をしているか?

ニトリは「新卒採用」「キャリア採用」「パート・アルバイト採用」などを行っています。大学卒業後で仕事をした経験がある第二新卒の場合は、キャリア採用に応募することになるでしょう。ニトリが正社員を募集している職種は、情報システム、財務経理、商品開発バイヤー・マーチャンダイザー、貿易実務、品質管理、経営計画、法務、広告宣伝など数多くあります。職種によっては「業界で2年以上の実務経験を持つ方」などの応募資格があるので、エントリーする前に確認しておきましょう。全国で会社説明会などのイベントも行っているので、参加してみるのも良いかもしれません。

ニトリの事業内容は?

ニトリの展開する主な事業は、「ホームファニシング事業」です。家具や食器などによるトータルコーディネート×お求めやすさで住まいの「楽しさ」と「豊かさ」を提案しています。ニトリの製品は、大型家具から寝具・食器・家庭用品などの多彩な商品を取りそろえる「ホームファニシングストア」と、ショッピングセンター内などでインテリア用品を中心に扱う「ホームファッションストア」の2つのタイプの店舗で販売されています。ホームファニシングストアでは、お客様が家具によるコーディネートをイメージしやすいように、生活シーン・季節ごとに展示を行っています。ホームファッションストアは、ショッピングセンター内などに入っているため気軽に立ち寄れて、季節感のある商品も楽しめる魅力があります。

ニトリに入社できたらどんな経験を積める?

ニトリに入社したなら、製造から小売りまで、家具業界のあらゆる仕事を目撃できます。インテリア業界で生きていきたいと考えているなら、これ以上ない環境といえるでしょう。店舗の運営、商品開発、物流、法人事業、通販、リフォームなど、さまざまな職種にチャレンジしていくなかで、ホームファニシングのプロへと成長を遂げていきます。

店舗運営部に配属されれば、店長やマネージャーとして実際に「売る」現場へ関わる仕事があなたを待っています。実績を積み重ねれば、新店をマネジメントするような立場を担うチャンスも生まれるでしょう。ニトリは家具を扱う以上、店舗の規模もそれなりのものになります。ダイナミックな店づくりを担当できるため、大きなやりがいが生まれることは間違いありません。

商品部は寝具や寝装、ダイニング・キッチン家具などアイテムごとに部門が分かれ、それぞれのスペシャリストとして経験を積むことができます。売れる商品とは何か、求められているのは何かを日々考えるなかで、顧客ニーズを見極める力がついてくることでしょう。

また、法人事業部では、オフィスや飲食店などさまざまな施設の空間デザインを提案する仕事ができます。BtoBのノウハウを学び、また複数社のコンペで勝ちを獲得するための戦略を練るなど、社内外に展開するような大きな仕事を経験することでしょう。

どのような部署に配属されても、家具を包括的に扱うニトリだからこそ経験できる仕事にあふれていることはいうまでもありません。職種のつながりを感じながら、社員が一丸となって理想の家具店を叶えてゆく道程をともに歩んでいけます。

第二新卒からニトリを狙うなら?

第二新卒からニトリを狙うなら、キャリア採用の公式サイトから自力で応募するのも手ですが、本気の転職ならまずは転職エージェントへ登録してしまいましょう。常にすべての職種で求人があるわけではなく、また求められる技能もさまざまだからです。

とくに正社員でのキャリア採用の場合、店舗運営や商品開発系ではなく、情報システム系の求人が多いのが特徴です。IT企画やPM・PL・SE、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニアなどが求められています。「ニトリに就職したい」と考える人の多くは、商品開発や店舗運営にあこがれを持っているのではないでしょうか。すると、希望の求人にはなかなかアクセスできないということになってしまいます。

しかし、転職エージェントに登録すれば、自分の希望の職種でニトリに就職することも可能かもしれないのです。第二新卒からニトリを狙うためのプランと、転職エージェントの選び方をご紹介します。

第二新卒からニトリを狙うためのプラン

第二新卒からニトリを狙うための土台作りは、早くから行うに越したことはありません。求人情報のあるエンジニア関連でいうなら、必要な経験は「2年以上」「3年以上」という記載が多く、第二新卒からでも十分にチャレンジできるためです。長く経験を積もうとするよりも、できるだけ早く転職エージェントに登録を行いましょう。

並行して、家具業界について広く深く勉強しておくのがおすすめです。ニトリは一度入社すれば、職種を超えての異動も十分にあり得る会社です。面接では、それぞれの職種について基礎的な知識があるかどうかを試されることでしょう。どんな部署に配属されても柔軟に対応できる人材であると判断してもらえるよう、予備知識を持っておかなければなりません。

こんな転職エージェントを選ぼう

第二新卒からニトリに転職したいなら、大手の転職エージェント数社に登録を行いましょう。少なくとも3社ほどに登録してから、自分と相性の良い会社をじっくり選ぶのがおすすめです。

大手の転職エージェントを選ぶべき理由は2つあります。1つは、非公開求人を豊富に抱えている可能性があること、もう1つは、若手や未経験の転職に実績があることです。

企業は、公式サイトに掲載しない非公開求人の情報を転職エージェントに渡している可能性があります。とくにニトリほどの人気企業となると、応募が殺到しそうな求人案件については非公開としている可能性が高いものです。大手のエージェントであればあるほど、非公開案件を多数抱える傾向にあります。自分の希望やスキルに合わせた求人が、もしかしたら見つかるかもしれません。

希望の職種、自分のスキルを明確にしたうえで、転職エージェントに相談しましょう。きめ細かな面接指導を行ってくれるか、熱意のある担当者かなど各社の反応を見て、自分の転職を任せる一社を決めるのが成功の秘訣です。

ニトリの求人や評判は?

男女で仕事内容や活躍の幅に差が出ることが無い環境があり、店舗によって違いはあるかもしれませんが、男女比5:5ぐらいで社員を雇っている店舗が多いようです。女性でも役職に就いている社員がいるなど、本人の意欲次第で性別に関係なく働いていけそうです。店舗に勤務する場合は、接客業で人と会話することが多いため、コミュニケーション能力を高められるようです。