転職したら必ず年収が上がる?未経験でも年収を上げたい!そんなことできる?

転職したら必ず年収が上がる?未経験でも年収を上げたい!そんなことできる?のイメージ

転職をする以上、何かしら現状よりもプラスとなる要素が欲しいと思いませんか?そのプラスとなる要素として代表的なものが「年収」であるという方も多くいらっしゃることでしょう。今の会社では年収が頭打ちだと感じた方は、年収アップを見込める企業へ転職していくのはとても賢い方法です。ただし、それにはいくつか成功のためのコツを知っておく必要があります。この記事では、20代の転職でも年収アップを成功させる方法をご紹介します。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

転職でうまく給料アップにつなげるための方法

転職をして実現したいことが年収アップであるという方は、その可能性をより大きくするために頭に入れておくと良いポイントがあります。すべてに該当する必要はありませんが、この中で絶対に妥協できないという要素がある場合には「絶対的な年収アップ」は実現しないかもしれません。

  • 年収アップしやすい業界に転職する
  • 年収アップしやすい職種に転職する
  • Uターン・Iターン転職する
  • 転職エージェントに力を借りる
  • 実力主義・成果報酬型の企業に転職する
  • いかに自分が魅力的な候補者であるかを熱心に伝える工夫をする

年収アップしやすい業界に転職する

もっとも手っ取り早く年収を上げる方法としては、年収水準の高い業界に転職するという方法が挙げられるでしょう。特に20代では業界によって年収は違いが大きい場合もありますのでよく調べておきましょう。

年収アップしやすい職種に転職する

年収アップしやすい企業を選ぶのと同時に、自分自身が興味のある業界だけでなく職種レベルでも年収の高いものを探すようにしましょう。これまで未経験でも、20代の場合にはまだまだ成長過程とされて採用対象となる場合もあります。

Uターン・Iターン転職をする

地方から都会に出てきて就職した方はこれまで一度も検討したことはなかったかもしれませんが、自分の故郷に戻って就業する「Uターン転職」、もしくは地方へ転居して就業する「Iターン転職」でも年収アップを図れるケースがあります。東京や大阪、福岡といった大都市の方が収入を多く得られると思いの方もいらっしゃいますが、その限りではないというデータも出ています。(出典:中小企業庁 第2部 中小企業・小規模事業者のさらなる飛躍

転職エージェントに力を借りる

転職のプロフェッショナルといえば、やはりその専門である転職エージェントの出番と言えるでしょう。これまでさまざまな転職案件に携わってきていることから、あなたの希望をしっかりと聞いた上でそれを可能にする企業の採用案件を見つけ出してくれます。場合によっては、現在募集をかけていない状態でもあなたを企業に対して営業してくれる場合もあります。

実力主義・成果報酬型の企業に転職する

高年収といえば、外資系をはじめとした実力主義、そして成果報酬で受け取る金額の大きい企業への転職が代表的でしょう。業務のハードさや、実力主義が故のプレッシャーにも勝てる自信がある場合には検討する価値が十分にあると言えます。

いかに自分が魅力的な候補者であるかを熱心に伝える工夫をする

これは年収アップを狙うときだけのことではありませんが、これまでのキャリアについての具体的なエピソード、そして今後のキャリアについての考えをしっかりと固めることをはじめとし、企業側にとって「欲しい人材」と思ってもらえる努力をしておくことが重要となります。入社してくれれば企業にとって必ずプラスになる人材に対して企業はそれに見合った給与を提案するからです。

確かに転職は年収アップの数少ないチャンス

今お勤めの企業で大幅な年収アップが見込めない場合には、転職という方法が近道であることは先にご説明しました。今の環境で年収を上げるためには、社内政治や根本的な企業制度の見直しなどは必要となりますが、転職を選べば最初の段階で今よりも年収の良い条件の企業に移ることができます。

とくに、汎用性の高い業種に就いている人はよりその特徴があるのではないかと思います。営業職のように、絶対的に必要となるスキルが共通しており、それらに長けていれば取り扱う商品が異なってもその知識だけ補うことですぐに業務に取り掛かることのできる業種もあります。業界が同じである場合にはなおさらで、これまでと同じ知識をフル活用して営業活動に活かすことができるのですぐに即戦力となることができるでしょう。

業種そのものがダイナミックに変化しなくとも、これまで培ってきたスキルがプラスに働くような転職も年収を増やす上で良いでしょう。これまで薬剤師としていた方が、医薬品の開発に携わる仕事に就くようなケース、教鞭をとっていた方が塾の講師として勤務する場合などもその一例です。

どのようなケースでも、一番重要なのは「これまで積み上げてきた経験と知識」です。これらが十分に備わっていないと転職をするだけで年収を大幅に増やすことはまず難しいと言えるでしょう。

20代前半の転職で給料をアップさせるのは難しい

転職で年収を大花に増やしたい場合にもっとも大切なポイントは「これまで積み上げてきた経験と知識」であるとお伝えしました。必要となる経験や知識を積み上げるにはどの程度の期間が必要となるでしょうか。

残念ながら経験によって培うことのできるスキルや知識、対応力などは数年の経験を通して身につけられるものではないのが現実です。少なくとも5年、願わくば10年近く切磋琢磨しながら業務を続けることによって習得できることであると言わざるを得ません。

これらの理由により、20代前半で「これまで積み上げてきた経験と知識」をアピールして大幅に年収を増やす交渉を行うのはそうたやすくないのです。

未経験など不利な転職で年収アップを望むのはやめるべき?

もし大幅な年収アップを望んでいるのであれば、もっとも大切なのは「これまで積み上げてきた経験と知識」であるとお伝えしました。しかしながら、一方で求人募集の要項を見ているとこのようなスキル・知識を必要とせず、未経験でも年収が上がる場合があります。

すぐにでも入社してマンパワーとして必要なため少し高めの給与設定をしている場合、離職率が高く少しでも魅力的に見せたいがために給与を多めにして提示している、そのような危険な案件もその中には潜んでいるかもしれません。

未経験の業界・職種・業種で高給をもらえるだけの結果を出せる自信がある方にとっては渡りに船と言った案件でしょう。しかし、そのノルマやガツガツとして社風に馴染めずにすぐに退職してしまうようでは転職した意味がありません。

未経験でもOKで年収が大幅に増えるようなケースの場合には、その企業の体質やなぜ給与が高い水準7日を予めよく知っておく必要があります。

まとめ

社会人になると、休日を除くほとんどの時間を割く仕事だからこそできることならば高収入を得たいと思うのは当然と言えるでしょう。この記事では、そんな方に向けて天職で必ず年収をアップさせるための方法を6つご紹介しました。業界や職種の視野を拡げることは念頭にあった方でも、UターンやIターン天職まで考えていた方はあまり多くはないのではないでしょうか。可能性を増やすために視野を広げれば、実は年収を上げるためのコツはいろいろなところに転がっているということがわかります。