川崎重工は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2019/10/9)

川崎重工は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

川崎重工業株式会社は、主に輸送機器を製造している企業です。取り扱っている輸送機器には、船舶、航空機、オートバイなどがあります。オートバイ分野ではモーターサイクルやオフロード四輪車を手掛けており、1984年に開発された「Ninja」など、多くのモーターサイクルを国内外で展開してきました。

輸送機器は多くの人々のレジャーに関わるだけではなく、生活に欠かせない多くの品々を運ぶインフラともいえます。川崎重工に入社すれば、娯楽の提供もでき、社会貢献にもまっすぐつながる仕事を経験することができるでしょう。

川崎重工の平均年収は、700万円ほどと言われています。メーカーとしてはかなり高い年収を確保できることを魅力に感じ、転職したいと強く願う人もいるのではないでしょうか。川崎重工は、第二新卒や既卒を採用しているのか、評判と口コミを含めて検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

川崎重工は第二新卒・既卒の採用をしているか?

川崎重工は新卒採用と同じ枠で既卒の採用も行っており、卒業後に職務経験が無ければ、既卒でも新卒採用に応募可能です。

2019年度新卒採用の応募資格を確認すると、「2019年3月に四年制大学・大学院を卒業(修了)見込みの方」「2019年3月に高等専門学校を卒業見込みの方」「2016年3月以降に四年制大学・大学院・高等専門学校を卒業(修了)し、職務経験のない方」と記載されており、既卒者を積極的に採用していることがわかります。

ただ、社会人経験がある第二新卒となる場合は、中途採用扱いとなってしまいます。自分の経験と照らし合わせて条件を見極め、中途採用選考に応募してみてください。

川崎重工の事業内容は?

川崎重工は、さまざまな分野で幅広い事業を展開しており、代表的なものでは航空宇宙産業、造船事業、鉄道車両事業、エネルギー関連事業などがあります。川崎重工の技術の歴史は100年を越えており、磨き上げてきた先端技術をもって新たな価値を創造し、宇宙から深海にまで多彩な製品を送り出しています。中には、他に類を見ないユニークな事業もあります。

各種プラントや環境関連設備、産業用ロボット、汎用ガソリンエンジン、水上バイク、モーターサイクルなどの研究開発に携わり、総合エンジニアリング企業や世界的なレジャー製品メーカーです。川崎重工の関連施設や関連企業は国内外に100以上あり、“技術の企業集団”として川崎重工グループを形成しています。

川崎重工の求人や評判は?

良質な車両やバイク、船舶などを作っており、世界中で使用され評価されているため、それ自体が社員の仕事を続けていく上でのモチベーションとなっているようです。航空、船舶の分野では国防に関わっていることもあり、より社会への貢献度を高く実感できる職場なのでしょう。

また、長く働き続けている社員は給与などの面においてもそれなりの評価を受けているなど、自分が積み重ねてきたことがきちんと認められる環境もあるようです。

川崎重工に入社できたらどんな経験を積める?

陸・海・空、全ての輸送システムを手掛ける川崎重工に入社できたなら、世界中から必要とされている機械づくりに携わっていることを肌身に感じながら働けます。若手でも、「やりたい」と手を挙げれば裁量の大きい仕事を任せてもらえる風土でもあり、モチベーションを高く保てる職場といえるでしょう。

自由に仕事ができる分、責任は大きなものとなりますが、困ったときには上司がきちんと助けてくれるという口コミが上がっています。人の成長を大事にする雰囲気に包まれているので、思い切ったチャレンジができそうですね。上司、同僚などとの人間関係も良好と評判です。気持ちよく仕事ができる環境で、一回りも二回りも成長できるでしょう。

また、川崎重工は海外に大手取引先を多数持つ企業です。グローバルに活躍したいと考える人は、さまざまな国や地域のクライアントとやり取りを行う中で、世界に通用するビジネスパーソンになることができるでしょう。営業部門はもちろんのこと、技術職であっても、事務職であっても、英語力が飛躍的に向上するのは間違いありません。

また、工場部門が中心になるため、女性が活躍できる環境かどうかを考えると、難しい印象があります。しかし、近年では幹部への女性登用などが意識して進んでいるという口コミがあり、産休・育休なども取りやすいようです。フレックス制を敷いている部署もあります。

第二新卒から川崎重工を狙うなら?

第二新卒から川崎重工を狙うなら、キャリア採用枠で臨むことになります。川崎重工のキャリア採用は部門ごと、職種ごとに分かれており、募集があればWEBからエントリーが可能です。経験年数など求められる資格については、職種によって違います。

また、どの職種にマッチするかわからず、応募職種に迷っている場合は、「オープンエントリー」を活用する手もあります。オープンエントリーとは、全ポジションでの検討を行ってもらえる応募方法で、応募資格はありません。

しかし、川崎重工ほどの大会社ともなると、採用担当者の目に留まる応募書類を作るだけでも一苦労。忙しい第二新卒が、たった一人で立ち向かえる相手ではありません。転職エージェントを賢く利用するのが、転職成功への道です。第二新卒から川崎重工を狙うためのプランや、転職エージェントの選び方についてご案内します。

第二新卒から川崎重工を狙うためのプラン

第二新卒から川崎重工を狙うためには、一人でプランを考えるよりも、転職エージェントと一緒にプラン立てを行ったほうが効率的です。まずは転職エージェントに登録を行い、二人三脚で攻略法を考えましょう。

転職エージェントを活用したほうがいい理由は、「第二新卒が忙しいから」だけではありません。企業には公式サイトに掲載していない非公開求人があり、情報を転職エージェントだけに渡している可能性があるのです。とくに専門職分野についてはその傾向が強いため、技術系を志す人は意識して転職エージェントを活用しましょう。

また、すでに川崎重工へ転職者を送り込んでいる転職エージェントなら、受かるためのノウハウを抱えています。川崎重工のキャリア採用では、書類選考のほか数回にわたって面接を行うという口コミがあります。履歴書添削はもちろんのこと、川崎重工に合わせた面接指導をしてくれるので、成功率が高まるでしょう。

こんな転職エージェントを選ぼう

転職エージェントは便利ですが、自分に合った会社を利用しないと、失敗につながる恐れがあります。事務系であれば大手の転職エージェントを、技術系であればエンジニアに特化した転職エージェントを利用するのが、まずは基本です。

さらに、できれば2~3社の転職エージェントに登録を行い、一度カウンセリングを行ってもらってから1社に絞ることをおすすめします。なぜかといえば、どんなに評判のいい転職エージェントであっても、担当者の手腕はそれぞれだからです。

提案力、企業とのつながりを見るのはもちろんのこと、面接指導の丁寧さや親身になってくれるかなど、総合的に判断して1社を決めましょう。自分の将来をゆだねるパートナーですから、慎重になりすぎて損はありません。第二新卒は今の仕事もあって忙しい身ではありますが、仕事の合間を縫ってカウンセリングに行き、大切なパートナーをその目で確かめ、選ぶのが肝心です。