yahooは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2019/4/26)

yahooは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

ヤフー株式会社は、ポータルサイトYahoo!JAPANを運営するインターネット関連企業です。ソフトバンクの連結子会社ながら、会社の時価総額が親会社のグループを上回ることもあり、連結ベースの売上高は8900億円を超えます。主な収益源はインターネット広告、ブロードバンド事業、オークション関連事業の3つです。

1996年に国内初のポータルサイトとしてYahoo!JAPANが誕生してから、20数年が経とうとしています。小さいころからインターネットに親しんできた世代なら、Yahooのサイトを訪れない日はないという人も多いことでしょう。

今や生活になくてはならないポータルサイトを運営しているyahooに、第二新卒や既卒からでも入社できるなら嬉しいですよね。果たして、yahooは第二新卒や既卒を採用しているのでしょうか。評判や口コミを含めて検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

簡単30秒 まずは相談してみる

yahooは第二新卒・既卒の採用をしているか?

yahooは、2016年10月3日より「新卒一括採用」を廃止し、新卒、既卒、第二新卒など経歴に関わらず応募できる「ポテンシャル採用」を新設しました。ポテンシャル採用は通年行われており、30歳以下であれば誰でも応募できます。エンジニアやデザイナーをはじめとして、営業職など全ての職種を対象に、年間300名程度を採用予定として始まった採用システムです。Yahooではこれまで、「新卒採用」と、就業経験を持つ人を対象とした「中途採用」を行ってきました。しかし、それでは第二新卒や既卒などの人に対して平等な採用選考機会を提供できず、海外留学生や博士号取得者などの就職活動の時期とズレが生じる可能性もあることから、採用方法を見直すことになったようです。

yahooの事業内容は?

yahooは、主な事業内容として「インターネット上の広告事業」「イーコマース事業」「会員サービス事業」などを挙げています。現在では幅広い分野でサービスを提供しているyahooですが、その歴史はコンピュータの歴史とともにあります。スタンフォード大学で学んでいた二人の開発者が、インターネットの個人的な興味を記録するリストを作ったことから始まり、インターネット・コミュニティに密接なサービスとして成長させていきました。日本国内では、国内初の商用検索サイト「Yahoo!JAPAN」のサービスを開始して以降、天気情報、ニュース、メール、ショッピング、オークションなど次々と新たなサービスを展開しています。さらに、近年スマートフォンが急速に普及したことから、スマホ版トップページのリニューアルや新たなサービスの開発にも力を入れています。

yahooに入社できたらどんな経験を積める?

yahooに入社できたら、研修制度を利用しながら自分の思い描くキャリアを実現していくことができます。温厚で柔らかな雰囲気の社員が多いという口コミが多数寄せられているので、外資系に多いアグレッシブな雰囲気が苦手な人も、すぐになじめるでしょう。

例えば、上司と部下の1対1で週例ミーティングが行われる「1on1ミーティング」、新たな経験にチャレンジしたいときに希望を自己申告して異動できる「ジョブチェン」、執行役員がメンターとなって企業内大学をまわす「Yaoo!アカデミア」など、yahooの社内にはどんな社員も成長していける仕組みがふんだんに取り入れられています。

また、社員が自分自身のキャリアを棚卸しし、これからの働き方を考えてゆく「キャリア自律ワークショップ」も設けられています。ほか、社内外からレクチャーを受ける専門スキル研修も豊富です。理系博士課程進学も支援されており、進学にかかる費用が奨学金として給付されます。

自分の将来像がはっきり描けており、また研修制度を上手に利用することができれば、瞬く間に成長を遂げることが約束されているといえるでしょう。Yahooで十分な知識と経験、スキルを得た後に転職を遂げる人が多いのもうなずけます。

第二新卒からyahooを狙うなら?

第二新卒からyahooを狙うなら、通常は2つの道のいずれかをたどることになります。1つ目がポテンシャル採用で、就業経験ありのコースを選ぶ方法です。ポテンシャル採用は、エンジニアコースに用意されています。

2つめはキャリア採用で、システム企画や研究員、動画エンジニアなどたくさんの職種で募集があります。また、エンジニアのほかにもオープンポジションでエントリーを行うことができます。

しかし、本気でyahooに入社したいなら、第3の道を歩みましょう。転職エージェントに登録すれば、ライバルを一歩リードすることができます。第二新卒からyahooを狙うためのプランや、転職エージェントの選び方について解説します。

第二新卒からyahooを狙うためのプラン

第二新卒からyahooを狙うときに大事なのが、希望職種を絞ることです。とくにポテンシャル採用枠であれば未経験分野でもチャンスがあり、さまざまな職種に目移りしてしまうかもしれません。しかし、目標は1つの職種に絞りましょう。そして、自身が将来どのようにyahooで働いているか、しっかりイメージしてください。

というのも、yahooで求められているのは、yahooに入社してやりたいことが具体的に描けている人材だからです。与えられた仕事をこなすのではなく、自発的に仕事を生み出す人が歓迎されます。より具体的に、自らがやりたい仕事をはっきり伝えられるようになっておきましょう。そのためにも、転職エージェントの存在は大きなものになります。

転職エージェントは、単に仕事を紹介してくれるだけの存在ではありません。どんな職種を希望しているのか、それによって将来どうなりたいのかを、あなたと一緒に考えていってくれるパートナーです。加えて転職のプロですから、少ない経験をカバーする方法を考えてくれたり、条件交渉を行ってくれたりといったサポートも行ってくれます。

こんな転職エージェントを選ぼう


自分の将来像を描き出す手助けとなってくれる転職エージェントを、しっかり見つける必要があります。必ず複数社に登録し、より親身になってくれる担当者、自分の弱みをきちんと指摘し指導してくれる担当者との出会いを実現させましょう。

エンジニアを目指すのであれば、大手数社に加え、ITエンジニアに特化した転職エージェントに登録し、相性を見るのがおすすめです。専門分野についての知識があり、ストレスなく相談できる担当者を見つけ、希望を細部まで伝えられるようにしましょう。

デザイナーとしての転職を望んでいるのであれば、クリエイティブ系に強い転職エージェント数社に登録しましょう。また、大手にも並行して登録しておくのがおすすめです。未経験に近いほど経験の浅い第二新卒の場合、クリエイターとしての転職より、ポテンシャルを買ってもらうほうがいい場合があります。若手の未経験採用を得意としているのが、大手なのです。

事務系での転職を狙っているのであれば、WEB系に強い転職エージェントもいいですが、広告系に強い会社を選んで登録するのも手です。Yahooの大きな収入源は広告であり、事務系の求人といえば広告営業を指すといっても過言ではありません。また、並行して大手にも登録し、自分との相性を見てみましょう。

yahooの求人や評判は?

ニュースや天気、路線情報、知恵袋など、人々が日常的に利用するサービスに携われる仕事なので、消費者にとってさまざまな価値を提供していくやりがいを感じられるようです。インターネットサービスを国内に定着させた大手会社ということもあり、誇りを持って働いている社員が多いようです。