ニートが取って損しない資格9選。不要な資格リストも

ニートが取って損しない資格9選。不要な資格リストものイメージ

ニートを脱出したいけど、就職は難しそう…資格があれば内定の確率が上がりそうだから、まずは資格を取ってみようかな、と思っていませんか?

ニートは資格を取るべきなのか、有利に働く資格はあるのか、資格取得のメリット・デメリットなど、資格にまつわるさまざまな疑問にひとつずつお答えします。時間は限られているので、本当に必要なものを見極めて行動しましょう。

転職に必要なのは客観性です。

転職をする際に、一人だけで全部やろうとしていませんか?
転職エージェントは二人三脚で進めていくので、転職に詳しいもう1人の自分が性格や適正を踏まえて客観的な視点から判断してくれます。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。

フリーターから上場企業に内定も
無料相談で上場企業の内定が見える
転職サポートを見てみる

この記事のもくじ

ニートには資格が必要?不必要?

まず、ニートは資格を取得すべきなのか否かについてお答えします。

ほとんどの場合、資格がなくても就職することができます。また、資格は実務経験とセットで評価されるものなので、資格を持っているだけではあまり意味がありません。同じような条件の人で迷った場合には、加点となるかもしれませんが、絶対的に有利に働くわけではないのです。そのため、就職したいという意思が明確にあって就活をしている人は、資格取得よりも就活を優先したほうが内定の可能性は高まるでしょう。

一方、ニートをやめたいけど自信がない人にとっては、資格取得はおすすめです。社会との接点を持つきっかけになり、合格すれば自信もつきます。また、志望業界がはっきりしている人も、短期間で取得できる実用的な資格は、取得する価値があると思います。やりたい仕事が明確で、そのために資格を取るというように因果関係がはっきりしていない場合は、無理に資格を取る必要はありません。

あえて取得すると損しない資格9選

そうは言っても、資格を持っていてマイナスになることはありません。資格取得で自信をつけたい人におすすめの資格を紹介します。選んだポイントは、実用性と短期間で取得できることです。自分が志望する業界に関連のあるものか、どの業界でも幅広く活用できるものを選択しましょう。

日商簿記2級

会社のお金の流れ、具体的には売上や経費などを管理する財務諸表を読み取るための資格です。事務職での就職を考えている場合は、決算表の作成など実務に活かせる知識のためおすすめです。1級は取得が難しく、3級は簡単すぎて評価されないので、2級がおすすめです。

介護職員初任者研修

介護業界は今後ますます人手不足になることが考えられるため、ニートにもチャンスのある業界です。人の役に立つ仕事や人のお世話をする仕事に興味がある人で、介護業界も視野に入れている人には目指してみるとよいでしょう。

販売士2級

流通や小売業などに関する専門知識が身につく資格です。ニートのように職歴がない場合でも、流通(佐川急便など)や小売業(スーパーなど)は比較的就職しやすい業界です。経営に関しても学ぶことができ、小売業の中では昇格条件として販売士の資格取得がある企業もあり、可能性を広げられる資格ですね。

ウェブ解析士

ウェブマーケティングの基盤であるウェブ解析について、必要な能力や知識を身につけていることを証明することができる、ウェブマーケティング業界ではもっとも有名な民間資格です。

難易度の低い順に「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3種類があり、初心者かつニートであれば、独自学習(25~40時間)+講座(5時間)かつ認定試験に合格すれば資格を取得できるウェブ解析士が金銭的にも時間的にもおすすめです。

取得することで、ウェブディレクターやウェブマーケティング担当者などへの道が拓かれます。資格を維持するためにフォローアップテスト(無料)の合格、6,600円の年会費を支払わなくてはならないのが少しネック?

GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)

Googleが提供しているアクセス解析ツール「Google アナリティクス」の習熟度を認定する資格です。受験(理解度テスト)に合格することで認定資格を取得することができます。

学習ツールについてはGoogleが無料で提供、受験料も無料なので一切の費用をかけずに資格を取得することが可能です。WebディレクターやWebアナリストなど、アクセス解析やWebの制作・運用に関わる仕事を目指す人のファースト資格としても最適。

CAD利用技術者

CAD(コンピューターによる設計支援ツール)関連の資格の中でも、特に有名な資格のひとつです。この資格を取得することで、CADオペレーターなどの仕事に就ける可能性が高くなります。

CADオペレーターは、基本的には1人でコツコツ作業し、周囲とのコミュニケーションは最低限で済むので、あまり人と接触したくないニートに向いています。就職先には、機械系メーカーや建築会社などが挙げられます。

第二種電気工事士

ビルメンテナンス業界においては必須の資格で、この資格を保有していると一般住宅や小型の店舗などの設備工事が可能になります。試験の難易度も低く、独学でも50~150時間程度の勉強時間で試験に合格すると言われています。

電気は私たちの生活に不可欠なものであり、その需要は今後も途絶えることはありません。そのため、取得したら一生モノの資格となります。体力勝負の仕事のため、体力に自信があるニートに向いています。

危険物取扱者乙種4類

ニートに人気のアルバイト先として知られている夜間のセルフガソリンスタンド。人気の理由は、とにかく暇で高収入だから。夜間なのでお客さんも少なく、接客する必要もトラブル時などと最小限で済みます。ここで働ける資格が、危険物取扱者乙種4類です。取得すると、ガソリンや軽油、灯油を扱う場所で働くことが認められます。

試験の難易度も低く、参考書を購入して独学で30時間程度勉強するだけで資格が取得できると言われています。また、ガソリンスタンド以外にも、ビルの設備管理スタッフ、タンクローリーのドライバーなど、活躍する舞台が多いのもポイントです。

普通自動車免許

もしあなたがまだ普通自動車免許を持っていないのなら、すぐ取得しましょう。自動車免許を持っているだけで、営業やドライバーなど、仕事の選択肢が広がります。ただし、取得するためには教習所などに通わなくてはいけなく、費用もかかります。
とはいえ、もちろんプライベートでも使える一生モノの資格なので、時間があるニートのうちに取得を目指してください。

資格のおかげで就職が決まったニートの転職成功体験談の記事はこちらから読めます。ぜひあわせてご覧ください。

逆に取得しても無駄になりそうな資格は?

せっかく頑張って資格を取得しても、就職後に活かせなければ宝の持ち腐れになってしまいます。応募要件に入っているなどのように明確な目的がなければ、取得しても無駄になってしまう資格をまとめてみました。

TOEIC

実務に活用できるレベルとしては700点以上必要だと言われていますが、直近数年のうち英語に触れていない人が700点を超えるのは非常に難しいです。もともと英語が得意で英語を使って仕事をしたい人以外には、おすすめできません。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトが提供しているWord、Excel、Powerpointなどの利用スキルを証明するための資格です。どの業界でも最低限必要とされるスキルではあります。ただ、資格を取らずとも業務の中で習得できるものが多いので、就職活動の時間を割いてまで取得する必要性は低いと思います。履歴書や職務経歴書の作成を通して、気になったところを勉強しておく程度で十分でしょう。

難易度の高い資格(公認会計士、税理士、弁護士など)

難易度が高い資格を取得するためには、数年間の勉強が必要です。そのため、どうしてもこれらの資格が必要な業界に就職したい場合は必要ですが、そうでない場合はなるべく短期間で取得できる資格を目指す方がよいでしょう。

ニート脱出の第一歩に資格を取得するメリット

資格を取ることは簡単なことではありません。就職に直結するメリットはそれほどないとしても、チャレンジするということ自体にはさまざまなメリットがあります。

自分の自信を取り戻す第一歩として

ニートを脱出したいと思っても自分に自信がないので、一歩を踏み出すことができずにずるずるとニートを続けてしまっている人もいると思います。空白期間が長くなればなるほど、就職が難しくなってしまいます。その悪循環から抜け出すためのステップとして、資格取得はおすすめです。

やる気を見せる自己PR手段として

資格を持っているということは、仕事に活かせる資格を勉強して取得したということです。言い換えれば、意志を持って行動し、目標を達成できる人材であるというアピールができます。その姿勢は、仕事をする上でも必要なものなのでしっかり自己PRしましょう。

仕事選びの幅が広がる

宅地建物取引士などのように、資格によっては専門的な知識が身につくものもあります。そういった資格を取得した場合は、新たにその業界も選択肢に加わるので、仕事選びの幅が広がります。ただし、それなりに取得に時間のかかるものが多いので、資格選びは慎重に行いましょう。

社会へ飛び出す練習ができる

資格取得をするためには、自分で情報収集をして、参考書を買いに行ったり、講座に申し込んだりする必要があります。社会との接点がなかった状態から、自発的な行動をせざるを得ない状況になります。その行動力は、就職後も必要とされるものです。社会に飛び出す前に資格取得を通して準備しておけるので、就職が決まってからも安心して働くことができますね。

資格アリで高待遇を受けられるチャンスも

企業の指定する資格を保持している人は資格手当が支給されたり、昇格の条件に資格取得が入っていることもあり、資格を持っていると待遇が良くなるケースもあります。対象資格が限定されているので、気になる人は事前に調べてみてもよいでしょう。

デメリットは、資格がニート脱出を遠ざけること?

勉強に一生懸命取り組むことは素晴らしいことですが、資格取得はあくまでも就職までのステップのひとつであるということは、頭の中にとどめておいてください。

時間とお金がかかる

資格を取得するためには、参考書の購入や受験費用など数万円単位でお金が必要です。ニートにとって、お金は大きな問題だと思います。資格取得のためにアルバイトを始めるのも悪くはないですが、勉強時間を取れなくなってしまう可能性が高いです。両親に協力してもらう必要も出てくるかもしれないので、お金と時間を確保できるのかを考えてどうするか決めるのが良いかもしれませんね。

就職活動を先延ばしにしてしまいがち

資格取得を目指す人にありがちなのが、就活を先延ばししてしまうことです。資格取得のためには相応の勉強が必要です。しかし、どんなに頑張って資格が取れたとしても、資格を持っている=就職という方程式は残念ながら成り立ちません。資格取得に専念していると、あなたに合った求人が出てきたとしても気づくことができず、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうかもしれないので、注意しましょう。

資格取得は就職活動と並行しながらがおすすめ

資格取得を優先して就活を先延ばしにするのはやめましょう。ニートの就活を成功させるポイントは、とにかく少しでも早く就活をすることです。空白期間が長くなり、年齢を重ねるほど就職率は下がってしまうからです。そのため、資格取得と就活は並行して進めるのが良いです。

両立は難しいと思う人もいるかもしれませんが、一日のうち就活に割く時間は数時間だと思います。資格取得までの取得時間が公表されている場合は、取得日を設定して一日何時間勉強すればよいかまで落とし込んで取り組むと、両立しやすくなると思います。

資格取得を目的にしないこと

資格取得はあくまでも通過点で、資格が取れたからと言って就職できるわけではありません。資格取得だけに力を入れすぎて、ニート期間が延びてしまう方が就職は困難になることは覚えておきましょう。

未取得でも「勉強中」とアピールすることが可能

資格未取得の状態で面接を受けた場合、自己PRできないと思っていませんか?資格取得のため勉強中であることやいつ頃取得予定なのかを伝えるだけでも、十分に自己PRになるので遠慮せず伝えるようにしましょう。

資格をとればニートを脱出できると考えてはいけない

資格取得に本気で取り組んでいると、取得できれば就職できると思いたくなることもあるかもしれませんが、実際はそうではありません。資格はプラス要素のひとつにはなるかもしれませんが、残念ながら決め手にはなりません。ニートを脱出したいのであれば、思い立ったタイミングで就活を始めることが大切です。

まとめ

就活において、目指す業界と持っている資格が一致していることが大切です。実用性の高い資格を持っていれば、就職後もきっと役に立つと思います。ですが、資格を持っていたとしても、就職の決め手にはならないことは理解しておきましょう。とはいえ、ニート脱出のためのステップのひとつや自己PRにも使えるので、資格取得と就活を並行して進められると良いと思います。