未経験からのフロントエンドエンジニア転職成功の秘訣

未経験からのフロントエンドエンジニア転職成功の秘訣のイメージ

ITエンジニアにはさまざまな職種がありますが、比較的新しい職種として知られているのがフロントエンドエンジニアです。

まだ知名度が低いため未経験でも挑戦しがいがある職種と評判ですが、その真相はいかに!?

この記事では未経験からフロントエンドエンジニアになるためのノウハウを紹介します。

もう仕事選びで失敗しないためには
良いエージェントを選ぶべき

「良いエージェント」とは、こちらの希望を聞いた上で、理想を叶える基盤が揃っている企業を紹介してくれるエージェントです。

希望条件に合った企業を紹介するには、求人数が必要なのはもちろん、独占求人を保有しているかも重要です。
また、エージェント次第で応募書類や面接のクオリティーも変わってきます。

505名の体験談に基づく
転職エージェントおすすめ5選を見る

この記事のもくじ

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは、フロントエンド(ユーザーが画面越しに触れる部分)の設計などを行うエンジニアのことを指します。

WebデザイナーがつくったデザインをHTML、CSS、JavaScript、PHPなどを用いてコーディングし、ブラウザ上で再現することがフロントエンドエンジニアの役割です。

かつてはフロントエンドエンジニアという職種は存在せず、コーダーやWebデザイナーなどがその役割を担っていました。

しかしITの進化に伴いフロントエンドでの作業も増え、独立した職種となりました。現在ではコーダーやマークアップエンジニアの上位職種として認識されています。

仕事内容

Webデザイナーがつくったデザインをブラウザ上で再現するために、フロントエンドエンジニアは主に下記の業務を担当します。

  • マークアップ:HTMLで文書や画像を配置し、CSSで文字や色を装飾する
  • プログラミング:JavaScriptを用いて、ページのスクロールやポップアップの表示などを実装する
  • 設計:Webアプリケーションの要素の切り出し方について設計を行う
  • SEO対策:メタタグの記述など、適切なSEOを施す
  • デバッグ:バグ取りを行う
  • テスト:アプリケーションが正常に動作するかテストを行う

また、Webデザイナー・バックエンドエンジニア(フロントエンドから受け取った情報をユーザーが触れない部分で処理するエンジニア)・ディレクターなどとのパイプ役になることもフロントエンドエンジニアの重要なミッションです。

具体的には、Webサイトやアプリケーションの開発において、フロントエンドエンジニアは下記の工程でほかの職種に関与します。

  • 機能実装が可能かどうかディレクターと打ち合わせをする
  • 仕様に沿った提案やコーディングについてWebデザイナーとすり合わせを行う
  • コーダーと共有し、技術的な作業を開始
  • 各方面に最適な設計や仕様を提案しながらプログラミングを行う

平均年収

求人サイト「indeed」に過去12ヶ月に掲載された求人広告などに基づき計算されたフロントエンドエンジニアの平均年収は547万円となっています。

経験やスキル、年齢によってバラつきがあるのが特徴で、中には1,000万プレイヤーも! 20代未経験の場合は300万円台スタートというのが一般的なようです。

スキルアップすればそれだけ年収もアップします。逆に言えば、スキルアップできなければ年収は上がらないシビアな世界でもあります。

この仕事のやりがい

フロントエンドエンジニアの仕事のやりがいは、ユーザーやクライアントに近い距離にいるため制作物の反応をリアルタイムで感じることができることでしょう。高く評価され反響があると、仕事のモチベーションアップにもつながります。

また、最新の技術やツールに触れることができるのも、好奇心が強くさまざまなことを吸収したい人にはたまりません。

そのほか、一般的なITエンジニアよりも関係者とのコミュニケーションが密なこともやりがいと感じる人が多いようです。さまざまな人と関わるため、制作物が完成した時には喜びを共有できるのが嬉しい!

未経験でもフロントエンドエンジニアになれる?


結論から言えば、未経験からフロントエンドエンジニアになることは可能です。ただし、最低限のスキルは必要です。

スキルの詳細については後述しますが、未経験からフロントエンドエンジニアになるためには、①プログラミングスクールに通う②独学でスキルを身につける③コーダーからスタートする、などが現実的でしょう。

もっともおすすめなのが、③のコーダーからスタートする方法です。と言うのも、コーダーであれば未経験OKの求人が多いからです。コーダーとして働くためにもHTMLやCSSなどの言語に関するスキルが必要ですが、習得にはそれほど時間がかかりません。

少し回り道と考えるかもしれませんが、ステップを踏むことで着実にフロントエンドエンジニアへの階段を登ることができるはずです。

無料体験できるスクールもあります。まずは気軽な気持ちで一度体験してみるのがおすすめです。
TechAcademy 無料体験

フロントエンドエンジニアに必須のスキル・知識

フロントエンドエンジニアに必須のスキルは下記の通りです。

コーディング

フロントエンドエンジニアは、HTML、CSSなどのフロントエンド開発言語を用いて、適切にコーディングすることが大前提の仕事です。そのため、コーディングスキルは必須となります。

JavaScript

Webサイトに動的な動きを加えるためのJavaScriptのスキルのほか、フレームワークやライブラリに関する知識やスキルがあると有利になります。

コミュニケーションスキル

さまざまな職種や立場の人との橋渡し役となるため、プロジェクトを円滑に遂行させるためのコミュニケーションスキルが必要となります。

求められている人物像

進化し続けるIT業界の現場では、常に自分から学びに行く姿勢が求められます。そのため、好奇心旺盛な人、新しいことにチャレンジすることが好きな人は歓迎される傾向にあります。

また、チームで作業するため、コミュニケーションスキルが高い人が求められます。

技術的なスキルはもちろんですが、人を喜ばせたり楽しませたりすることが好きな人であれば、フロントエンドエンジニアに向いているでしょう。

IT業界未経験だけれどなんとか転職を成功させたい方へ、こちらの記事では転職のコツを詳しく紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

未経験からフロントエンドエンジニアになることは可能! だけど…

未経験からフロントエンドエンジニアになることは可能です。ただし、現場レベルでのフロントエンドエンジニアになるには、また、それなりの年収を獲得するためには、最低限のスキルと人間性が大前提となります。

まだ20代であれば企業も教育の時間を費やすこともできるので、全くの未経験でもポテンシャル採用される可能性もありますが、そうでないのなら「急がば回れ」。まずは最低限のスキルを身につけることが重要です。

一度フロントエンドエンジニアとしてデビューすれば、WebディレクターやWebプロデューサー、Webデザイナー転向への道も拓かれているので、キャリアパスとしてフロントエンドエンジニアを目指すのも有効ですよ。